メニュー

フォルム

検査目的

  • 腕の血圧と足首の血圧の比により、血管の詰まり具合の程度を評価します。また、心臓から押し出された血液が、血管に伝わる速さから血管(動脈)の壁の硬さを推測します。

検査時間

  • 10~15分です。

検査方法・手順

  1. 両腕・両足首に血圧測定のカフを巻き、手首に心電図の電極、胸に心臓の音を測定する機器を装着します。
  2. ベッドに仰向けになり安静にしておきます。
  3. 四肢を同時に加圧します。加圧時には声かけをします。
    この動作を2回行います。
    測定中は動いたり、声を出したりしないでください。検査に影響します。

装置本体

一般的な検査風景

一般的な検査風景

注意事項

  • シャントのある方は検査できません。
  • 不整脈のある方は、事前に申し出てください。
  • ご家庭用の血圧計と同様に、多少の圧迫感はあります。

用語解説

シャント:
シャントとは近道とか、あるいはバイパスという意味で、手術によって動脈と静脈をつなぎ、動脈から直接静脈に血液を流す事をいいます。
不整脈:
体の中で何らかの異常・障害が起こり、脈が乱れる事です。