メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

がん診療のご案内

Cancer Oncology

就労支援

■ このページの情報をPDFでもダウンロードできます

ダウンロード(PDF:311kb)

がんについて

日本では万に一つではなく2人に1人ががんにかかる時代となり、子供から高齢者まであ らゆる年齢の方ががんと診断を受けています。その中で、仕事と治療の両立に悩まれる方 も少なくありません。

がんと診断されたら

頭の中が真っ白になり、どのように受け入れてよいかわからなくなると言われます。
また、働いている方ががんと診断されると、
「仕事を続けていけるだろうか」
「どのように職場に話せばいいのだろか」
「家族にどのように伝えようか」などの不安に直面します。

平成26年2月17日(厚生労働省)
「第1回がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会」によると、がんの診断後 、勤務者の34%が依願退職、解雇されている。と統計資料が報告されています。

がん相談支援センターへ相談ください

治療中の生活をサポートできる制度やサービスの情報、家族・職場の方との関わり方につ いて、がん相談支援センターにご相談ください。

患者さんに知ってほしいこと

厚生労働省は、「治療と仕事」の両立を支援し、 企業に向け、事業主の取組に対する支援策など展開されています。 2人に1人ががんにかかる時代です。お一人で 悩まず、無料のがん相談支援センターにご相談ください。 がん相談支援センターでは、社会福祉士(MSW)または精神保健福祉士(PSW)などと連携し、 就労支援の取り組みも行っています。 働くことは生活や治療継続のためだけではなく、生き甲斐や生活の質の維持にもつながり ます。がんと診断されて、仕事を辞めるという決断をする前に一度立ち止まり、考えてみませんか?

相談内容例 (keyword)

診断から復職まで

復職後の働き方

新しい職場への応募

お金と健康保険

家事や子育て