メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

技術部紹介

Co-medical Dept.

臨床工学科呉服町

透析監視装置の定期部品交換、定期点検

透析監視装置の磨耗する消耗部品を定期的に交換し、不具合がないか外装や動作確認、性能の点検を行います。

定期交換
定期交換

透析監視装置の日常点検

透析前点検では透析液の濃度測定(Na、K、Ca、pHなど)や 透析監視装置の薬液残留チェック、機械点検などを行います。
治療中は安全に透析が行えるよう透析装置や器具の確認を 経時的に行います。また機械にトラブルがあった場合は患者さまの 安全を第一に考え、速やかに対応しております。

日常点検

水質管理

透析治療で使用する透析用水・透析液の状態を把握するために、毎日透析用水の電導度(不純物の)の点検を行い、日本透析医学会の 透析液水質基準のガイドラインに沿って、月に一度検査を実施しています。
ピュアな透析液で患者様が透析治療を行えるよう、水質管理に取り組んでいます。

水質管理
水質管理

透析効率とは

透析効率とは

血液透析

血液透析

血液透析とは急性または慢性の腎不全になられた患者様に対して行われる治療です。現在、全国で約30万人の患者様がいます。当院でも約150名の患者様が週3回4~5時間の治療を行なっています。
血液を体外に取り出し、ダイアライザーと呼ばれる人工の膜に通すことによって,血液の不要な老廃物や水分を取り除き血液をきれいにします。きれいになった血液は再び体内へ戻されます。臨床工学技士はこれらの治療に欠かす事ができない透析機器の保守点検・操作を行い、安全に治療ができる環境つくりに取り組んでいます