メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

技術部紹介

Co-medical Dept.

臨床検査科-輸血

輸血管理検査

輸血に使用する血液の保管管理と、輸血に関する諸々の検査を行なっています。 
輸血を行なうことを輸血療法と言います。

輸血療法とは
血液中の成分(赤血球や凝固因子=血液を止めたり、固めたりする因子)の量の減少や機能が低下した場合、その成分を補充することを目的としている治療法です

スタッフ構成

  • 兼任医師    1名
  • 臨床検査技師 専任1名(兼任2名)

業務内容

輸血用血液(血液製剤)の供給と保管管理献血者による善意の貴重な血液を無駄にする事のないように、有効に利用する事が強く求められています。このような観点から、次のような業務を行なっています。

  • 使用する直前まで、適正な温度や保管方法で管理する。
  • 有効利用のため、在庫の数.使用した数.返品の数.廃棄の数を把握する。
  • 自己血輸血の業務(貯血.保管管理.etc)
  • 輸血同意書の管理
  • 輸血の副作用や事故防止に関する情報の管理
  • 輸血療法に関する情報の提供

輸血を実施する場合は、事前に次のような検査を行います。

血液型検査 A・B・O・AB型の中の何型なのか、又、RHの(+)・(-)のどちらなのかを調べます。
不規則抗体
スクリーニング検査
血液中に、輸血用血液と反応するもの(抗体)の有・無を調べて、・る場合はその抗体の名前を同定します。(輸血する時は、その抗体と反応しない血液製剤を使用します。)
交叉適合試験 輸血前の最後の砦となる検査です。
患者様の血液と輸血用血液を反応させて適合(赤血球の凝集や溶血がないこと)するかどうか確認します。

輸血に関する諸検査

輸血を実施する場合は、事前に次のような検査を行います。

  1. 血液型検査(ABO式・RH式)
    A・B・O・AB型の中の何型なのか、又、RHの(+)・(-)のどちらなのかを調べます。
  2. 不規則抗体スクリーニング検査
    血液中に、輸血用血液と反応するもの(抗体)の有・無を調べて、ある場合はその抗体の名前を同定します。(輸血する時は、その抗体と反応しない血液製剤を使用します。)
  3. 交叉適合試験
    輸血前の最後の砦となる検査です。
    患者様の血液と輸血用血液を反応させて適合(赤血球の凝集や溶血がないこと)するかどうか確認します。

【赤血球製剤】

血液製剤の保管管理

輸血用血液(血液製剤)は人体の一部で・るという点で、他の医薬品とは根本的にその性格が異なっています。この為、輸血する場合は、貴重な血液を無駄にする事のないように、有効に利用する事が強く求められており、このような観点から、次のような血液製剤の保管管理業務を行っています。

  1. 使用直前まで、適正な保管管理(温度管理・振とう保存・etc)
  2. 在庫数・使用数・返品数・廃棄数の管理
  3. 自己血輸血業務(貯血・保管管理・輸血前検査・etc)
    ※自己血輸血とは、事前に自分の血液を貯めておき、手術時に備える方法です。

その他

  1. 輸血事故防止に関する業務(副作用・etc)
  2. 輸血療法に関する情報提供

【血小板製剤】

【新鮮凍結血漿】

特色

  • 認定輸血検査技師1名在籍。さまざまな輸血管理や輸血製剤の管理等の業務に
    携わっています。
  • 日本の血液製剤は世界で最も安全とされていますが、100%では有りません。
    副作用が起きる可能性もあります。このため、輸血した記録は20年間保存することが
    義務付けられています。