メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

看護部紹介

Nurse Info

認定看護師活動

認定看護師活動

徳永 真弓

緩和ケア認定看護師

がん患者さんとの関わりのなかで、根拠に基づいたケアを提供したいと考え認定看護師を 目指しました。「緩和ケア」はがんを告知されたときから始まるケアです。身体や心の苦 痛に対応しながら患者さんやご家族の意思を尊重し、その人らしく過ごせるように他職種 と連携して支援していきます。
現在は専従看護師として緩和ケアチームのメンバーと共に、がん患者さんやご家族が抱え る苦痛が少しでも和らげるように関わっています。また、チームの認定看護師と協力し院 内緩和ケア普及の活動、スタッフの相談にも対応しています。


横田 亜水

緩和ケア認定看護師

私は病棟で勤務しており,たくさんのがん患者さんと出会います。患者さんは、がんを宣 告されることで人生が大きく変化します。患者さんが色々な選択をする中で、私は自分の 知識・技術を十分に提供できているだろうかと疑問に感じ、学びを深めたいと考え認定看 護師を目指しました。現在は手術、化学療法、放射線治療などの治療期から終末期まで様 々な患者さんと関わります。その中で、私は認定看護師として患者さん、そして支えるご 家族が何を大切に過ごしているのか、どういう人生をおくりたいと思っているかをキャッ チできるように日々関わっています。これからも、患者さんやご家族の大切な人生に寄り 添える看護師を目指していきたいと思います。


染矢 麻衣子

緩和ケア認定看護師

在宅で過ごされる方々が、様々なつらい気持ちや体と向き合うにあたり、個々の症状緩和 に積極的に携わり支え続けることが出来る訪問看護師でありたいと思い、緩和ケア認定看 護師教育課程を受講しました。現在、緩和ケアを必要とされる方々の在宅での看護実践を 中心に担っています。また、看護部緩和ケアリンクナース会・院内プロジェクト緩和ケア チームの一員として、院内緩和ケア普及のための勉強会等の運営活動を行っています。こ ういう活動の延長が在宅療養への橋渡しとなり、家に帰ることに躊躇されていた方々が「 帰ってきてよかった」と安心・安堵される在宅支援になればと考えています。さらに地域 における緩和ケア認定看護師として、医療職でない多職種の方々の苦悩・不安の解消に繋 がる連携に取り組みたいと考えております。


穴井 祐介

手術室認定看護師

人の技術は日進月歩と言いますが、医療技術も日々進化を遂げており様々な医療機器が登 場しています。そのような時代に遅れることなく、手術医療を選択された患者さんが安心 して安全・安楽に手術が受けられるように看護を実践したいと考え手術看護認定看護師を 取得しました。患者さんの術前の不安を和らげるために術前訪問を実施したり、体型や麻 痺・拘縮など個別性を捉えて手術体位を保持したり、術中の急変時に対応できるようにス タッフと情報共有しながら手術看護を実践しています。定期的に勉強会を実施し、部署全 体のレベルアップもはかっています。今後、病棟や外来など他部署・他職種とも協働して チーム医療を展開して周術期看護として幅を広げて活動していきたいと考えています。


長田 佐緒里

がん化学療法認定看護師

化学療法によるがん治療の選択に悩む患者さんとの出会いを機に、がん化学療法看護認定 看護師を目指しました。現在外来化学療法室に勤務しています。昨今支持療法の発展によ り、外来化学療法は年々増加傾向にあります。患者さんの病期や治療も様々であるため、 安心して治療に臨んでいただくことを第一に考え看護にあたっています。またスタッフか ら相談を受けた際には、病院全体で安全な化学療法に取り組めるような対応を心がけてい ます。今後はがん看護外来の設立を大きな目標とし、治療やその副作用などに関する患者 さんご家族の療養上の悩みを緩和できるよう活動を継続していきたいと考えています。


横田 宜子

がん化学療法看護認定看護師

大多数の患者さんが血液がんである血液内科病棟(無菌病棟)で勤務する中で、安全・安 楽・確実な化学療法を提供したいと考え、認定看護師資格を取得しました。
現在は、血液がんの患者さん、ご家族を中心に、病名告知から抗がん剤治療が安心して治 療継続できるように支援しています。特に、造血幹細胞移植については、患者さん、ご家 族に対して、意思決定期から急性期の看護を通じて、また、退院後も継続的に支援してい ます。同種移植の血縁ドナーには自律的な意思を示せるように公平な立場で支えています。
日々の実践を充実させるとともに、看護研究にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。


栗秋 佐智恵

がん性疼痛看護認定看護師

外科病棟に勤務しているころ、がん性疼痛に関する本を見たことが認定看護師を目指した きっかけです。がん性疼痛をもつ患者さんには、多く関わっていましたので、もう少し勉 強すれば、何か別の手段があるのかもしれないと思いました。
現在、緩和ケアチームの中で活動しています。医師や看護師、薬剤師などコメディカルと 相談しながら、薬剤の調整、疼痛ケアのアドバイスを行っています。また、病院内の看護 師教育やリンクナースの育成も行っています。
これからも、関わった一人、一人の患者さんからの学びを大切にし、次の患者さんへ繋ぐ ことが出来るようにステップアップしていきたいと思います。


真矢 正代

皮膚・排泄ケア認定看護師

泌尿器科・外科の病棟に所属し勤務している中で、皮膚・排泄ケアの分野に関わることが 多く、患者さんにケアを行う中で、知識をより深めたいと感じることが多くなり、患者さ んから専門の看護師になったら?と言われたことが取得のきっかけでした。
現在、褥瘡管理者として専従で活動し、各部署のスタッフとともに入院患者さんの褥瘡発 生リスクのアセスメントや褥瘡対策に関わる診療計画書を立案し、予防ケアおよび局所ケ アの提供を行っています。またストーマ(人工肛門・人工膀胱)・創傷ケア外来でストー マ管理やスキンケアを実践しています。


黒田 豊子

皮膚・排泄ケア認定看護師

ストーマケアの達人になりたいという思いから、皮膚・排泄ケア認定看護師になりました。
外科・婦人科混合病棟に勤務し、入院中のストーマ造設予定または造設後の患者さんやそ の家族、褥瘡の発生リスクが高いまたは発生後の患者さんやその家族、失禁または脆弱な 皮膚によって皮膚トラブルの危険性の高いまたは発生後の患者さんやその家族に対し、専 門的な知識や技術を提供しております。
認定看護師は資格を取得してからがスタートです。予防的スキンケアだけでなく、廃用症 候群の予防ケアの一つである動きの支援に関する知識や技術の向上をも目指し、今以上に 自己研鑽を積んでいきたいと考えております。


宮川 みどり

皮膚排泄ケア認定看護師

私が皮膚排泄ケア認定看護師を目指したきっかけは、ストーマや創傷をもった患者さんと 一緒にケアや指導を行なっている中で、患者さんがよりよい生活を送れるために自分が何 が出来るか、という思いをもったからです。現在、患者さんや家族、スタッフへの指導を 行い、患者さんのQOLを維持するために活動しています。今後は排尿ケアにも目を向け てICU予定です。


有馬 弥生

糖尿病看護認定看護師

糖尿病患者さんへの療養支援の難しさに触れ、専門的な学習を深めて患者さんの力を引き 出す看護がしたいと思い、糖尿病看護認定看護師を目指しました。患者さんが糖尿病と上 手く付き合い、合併症を予防して自分らしく生活を送れるよう支援しています。また、糖 尿病看護の質の向上を目指し、指導・相談を行なうとともに、足病変予防のためのフット ケアにも力を入れて取り組んでいます。


八波 隼

感染管理認定看護師

入社2年目からリンクナースとして、感染管理をしていました。活動開始時は分からない 事ばかりでしたが、目の前の感染問題に対し文献を調べたり、上司に相談することで対処 してきました。この頃よりこの分野のおもしろさを感じていました。将来的にこれまでの リンクナースの経験と専門性を活かした道に進みたい考え、感染管理認定看護師を目指し ました。長く透析室でしたが、現在は病棟での経験を積みながら感染管理を行っています。
今後病院全体の感染管理を行い医療関連感染を防止することで病院に貢献したいと思います。

arrow_drop_down_circle