メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

病理組織検査

病理組織検査(手術材料)

検査目的

手術で摘出された臓器を、肉眼的、顕微鏡的に観察する検査です。

  • 病変が腫瘍であるか炎症であるか、あるいは病変が腫瘍であった場合、悪性であるか良性であるかを診断します。
  • また、病変の程度や広がり、病変部が手術により完全に切除されているか否か、転移の有無などを検索します。

検査時間

採取された臓器や大きさによって様々ですが、約2日~7日ほど要します。

検査方法・手順

  1. 切除された手術検体をホルマリンに入れます。
  2. 病理医が手術検体を肉眼で十分観察し、顕微鏡でみるべき箇所をナイフで切り取ります。その際検体を写真撮影し、切り取った場所を記載します
  3. 特殊作業を施し、2/1000㎜の厚さに薄く切ります
  4. ヘマトキシリンエオジン染色(病理で通常行われる染色)を行い、標本を作り上げます。
  5. 光学顕微鏡で病理医が観察し、良性・悪性の診断を行います

採取部位

食道・胃・腸
肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓
膀胱・腎臓
子宮・卵巣・前立腺・精巣
乳腺・甲状腺
肺 など

写真