メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

尿流動態検査

検査にかかる時間
60分(着替えの時間を含みます)

トップ画像

どんな検査?

『尿の感覚が近い』『尿の出が悪い』『尿が漏れる』などの症状がある方の診断や治療に役立つ検査です。排尿機能検査士の資格をもつ同性のスタッフが検査を担当し、カテーテル1)を膀胱内・直腸内に挿入し、膀胱に尿が溜まった状態や排尿時の状態に異常がないかを調べます。

何が分かるの?

膀胱や尿道の働き、排尿の勢いの変化や異常がないかなどが分かります。排尿・蓄尿障害や間質性膀胱炎、神経因性膀胱、前立腺肥大症、骨盤臓器脱などの診断・治療に役立ちます。

検査の方法・流れ

■ 上下分かれた着替えやすい服装でお越しください。

  1. ズボンやスカートと下着を脱いで検査用のズボンに着替えていただきます。
  2. 検査台に仰向けで座っていただき、検査台の足に沿って膝を曲げて開脚していただきます。
  3. 検査用のカテーテルを尿道と肛門に挿入し、検査器具のセンサーやテープを付けます。
  4. カテーテルから膀胱内へ生理食塩水を注入し、排尿が我慢出来るところまで溜めていただきます。
  5. 十分な尿意が起こったら排尿していただき、尿流などの測定をします。
    ■ 測定項目:尿流、膀胱内の内圧、直腸内圧、排尿筋圧など
  6. 検査器具を取り外して検査終了です。
装置

【検査中】

  • 専用の検査室 UD室
  • 検査の名前の尿流動態を英訳したウロダイナミクスの頭文字になっています。
1) カテーテル
医療用の細く柔らかい管