メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

リンパ浮腫超音波検査

検査にかかる時間
20~20

トップ画像

どんな検査?

リンパ浮腫1)超音波検査は、むくみのある手足に超音波を当て、皮膚下の内部を画像に映しだして状態を調べる検査です。

何が分かるの?

皮下組織が通常より大きく厚くなっていないか、液体が溜まっていないか、脇の下や足の付け根にあるリンパ節に腫れがないかなどが分かります。

検査の方法・流れ

  1. 検査する方の服を脱いでいただきます。
    • 上肢の場合:両腕全体が見えるよう上半身の衣類を脱いでいただき、検査用のタオルを胸元に巻きます。
    • 下肢の場合:両足全体が見えるよう、ズボンは脱いでいただき、スカートの場合は足の付け根までまくり上げていただきます。
  2. 検査部位に検査用のゼリーをつけます。
  3. プローブを当てる場所をずらしながら、皮膚の下の内部の状態を調べます。
  4. 温めたおしぼりをお渡ししますので、ゼリーを拭き取っていただき検査終了です。
装置

【検査中】

  • 全体を観察するため、腕や足の角度を変えていただくことがございます。もし痛みがある際は、遠慮なくスタッフにお申し出ください。
1) リンパ浮腫
手術によるリンパ節切除、がん細胞や放射線照射による障害等が原因でリンパ管の流れが滞り、手足の皮下に浮腫(むくみ)を生じる疾患です。リンパ浮腫は発症すると治りづらいため、初期の段階での治療が望ましいです。症状としては、手足の太さに左右差がある、関節が曲げづらい、手足が重い、皮膚が透けず血管が見えづらくなったなどがあります。