メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

尿流動態(UD)検査

『尿流動態検査』内圧尿流測定で何が分かるの?

『尿の感覚が近い』『尿の出が悪い』『尿が漏れる』などの排尿・蓄尿障害の診断や治療に役立ちます。
尿流動態検査の中には、膀胱の働きを調べる内圧尿流測定、尿道の働きを調べる尿道内圧測定、排尿の勢いを調べる尿流測定や残尿測定などがあります。間質性膀胱炎、神経因性膀胱、前立腺肥大症、骨盤臓器脱などの診断が出来ます。

UD室内圧尿流測定検査のグラフ

 注意点

  • 検査の内容によっては、カテーテル※3を2回以上挿入する場合もあります。
  • 検査中に痛みや体調不良などがあれば、遠慮なくお申し出ください。
  • 上下分かれた着替えやすい服装でお越しください。

検査時間

  • 約60分(1時間)
    (場合によっては、長くかかる事もあります)

検査の方法・手順

※複雑な検査で不安に思われるかもしれませんが、担当の排尿機能検査士※1の資格をもった同性の臨床検査技師が説明しながら検査を行いますのでご安心ください。

  • 以下の手順で検査・撮影をします。
    1. ズボン(スカート)と下着を脱いで検査用のズボンに着替え、検査部位に検査用のゼリーをつけます。
    2. 専用の検査台に砕石位※2で座っていただきます。
    3. 検査用のカテーテル※3を尿道と肛門に挿入いたします。
    4. 生理食塩水を膀胱内へ排尿が我慢出来るところまで注入します。
    5. 膀胱内に生理食塩水が溜まり、十分な尿意が起こったら排尿していただきます。
    6. カテーテル、センサー、テープ類などの検査器具を取り外して検査終了です。

※1 排尿機能管理士

日本泌尿器科学会から正式に認定を受けた臨床検査技師や 看護師。


※2 砕石位

仰向けになり膝を曲げて開脚した状態。お産のような体勢。


※3 カテーテル

医療用の細く柔らかい管。