メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

前立腺超音波検査を受けられる方へ

前立腺超音波検査で何が分かるの?

前立腺の形や大きさ、前立腺内部及び周囲の状態を調べます。肛門から専用の探触子を挿入することで前立腺のすぐ近くを調べることができるため、前立腺内部まで観察できます。前立腺癌※1を診断するのにも役立つ検査です。

 注意点

  • 膀胱内に尿がある程度溜まっている方が検査で正確な結果が出ます。可能な範囲で検査前の排尿はお控えください。(尿が我慢出来そうにない時は、お申し出ください。)
  • 痔瘻※2があったり、痔瘻の手術などをなさった事のある方は検査前にお申し出ください。
  • 検査中や検査後に気分が悪くなったり、めまいがしましたらお申し出ください。

※1 前立腺がん

前立腺に発生する男性特有の癌です。主に外腺(辺縁領域)に発生し、95%が腺癌です。


痔瘻

肛門周囲が化膿し、自然にまたは切開によって濃が出た後に穴がふさがらず、いつまでもそこから膿が出続けたり、治ったと思ったら腫れてきて、繰り返し膿が出るような症状の事です。

検査時間

  • 約5~10分で終了します。
    (場合によっては、長くかかる事もあります)

検査の方法・手順

診療等のため、主治医が来室するまで待ち時間がかかることがございます。ご了承ください

  • 以下の手順で検査・撮影をします。
    1. ズボンと下着を脱ぎ、検査用のパンツに着替えて内診台に座っていただきます。主治医の来室をお待ちの間、スタッフが機械の準備を行います。
    2. 開脚していただき内診台の高さを上げます。専用の探触子を肛門から挿入し前立腺を調べます。検査中は体の力を抜き、楽にしてください。
    3. 検査が終わったら、内診台の高さを下げます。完全に下がるまでお待ちください。
    4. 内診台から降りて着替えていただき、検査終了です。
装置プローブ
エコー画像