メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

チェーン尿道膀胱造影検査

どんな検査?
チェーン尿道膀胱造影検査

チェーン尿道膀胱造影検査

尿の漏出を防止する膀胱を支えている筋肉(骨盤筋群・括約筋)の状態、膀胱・尿道が垂れ下がっていないかを調べる検査です。
尿道に金属の鎖(チェーン)をいれ、膀胱内に造影剤1)を入れたまま撮影します。
女性の尿失禁2)の原因として膀胱から尿道への移行部が下がり、角度が広くなっている場合があります。
女性は尿道が短いので通常の造影では角度がわかりにくい為、尿道にチェーンを挿入したまま撮影し、後部尿道膀胱角(図のα角のこと)や膀胱下垂の有無を診るX線撮影検査です。

何が分かるの?

検査部位によって検査目的が異なります。

検査の流れ

■以下の手順で検査をします。

  1. 下着をはずして、検査衣に着替えていただきます。
  2. 台にあお向けで寝て、チェーンカテーテルを入れて、造影剤を最大尿意までいれます。(最大300mlまで)
  3. 立って撮影します。正面と側面(横向き)を撮影します。
  4. 次に下腹部に力をいれた状態で正面と側面を撮影します。
  5. 撮影が終了したら、写真を確認してチェーンを抜きます。
平静時(正面)

平静時(正面)

腹圧時(正面)

腹圧時(正面)

  • 同じ位置で撮影を行いますので、動かないように指示しますのでご協力をお願いします。
  • 妊娠されている方、またはその可能性のある方はお申し出ください。
  • 造影剤は尿と一緒に出てますので、検査終了後は水分を充分に摂取してください。
1)造影剤
目的とする臓器や血管を画像で見やすくするための薬のことです。
2)尿失禁
笑ったり、咳やくしゃみ、重い荷物を持ち上げた時など急激にお腹に力が入った時に尿が漏れることをいいます。