メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

点静注胆のう造影検査(DIC)

どんな検査?

肝臓で生成される胆汁が胆のう及び胆管から十二指腸に排泄されます。そこで、胆のう、胆管から十二指腸に流れる造影剤2)を使用し、胆道系の形態や病変を把握するための検査です。黄疸がある場合や結石が胆のう管や総胆管につまった場合は検査が出来ないことがあります。

何が分かるの?

検査部位によって検査目的が異なります。

検査の流れ

■以下の手順で検査をします。※造影撮影は合計5~7枚を撮影します。

  1. 造影剤100mLを40分前後で点滴します。
  2. 点滴終了直後に、撮影台にうつ伏せまたはあお向けになって撮影します。
  3. 点滴終了15分後に、②と同様の体位で撮影します。
  4. 必要に応じて断層撮影を追加することがあります。
  • 検査前日の夕方6時頃に下剤の薬(プルゼニド3錠)をコップ一杯以上のお水で服用してください。
  • アレルギーをお持ちの方はお申し出ください。
  • 妊娠またはその可能性のある方はお申し出ください。
  • 検査当日は絶食です。
1)DIC
Drip Infusion Cholangiography (点滴静注胆のう造影)
2)造影剤
目的とする臓器や血管を画像で見やすくするための薬のことです。