メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

冠動脈CT検査

冠動脈CT検査

検査目的

心臓(冠動脈)CTではカテーテルを使用せずに造影剤を注射することで、心臓の筋肉を栄養している冠動脈の狭窄の有無,程度を評価する狭心症の検査です。
心臓カテーテル検査と比べより低侵襲で体の負担が少ない検査で、外来で受けられるのが大きなメリットです。

検査時間

約30分です

CT図

検査方法

  • 検査予定時刻の3時間前から絶食します。
    (ただし、検査直前まで水分は自由に摂ることができます)
  • 心臓CT時の前投薬としてビソノテープを処方された方は検査当日起床後にビソノテープを貼ってから来院して下さい。心拍数が早すぎると画像がぶれて十分な検査が行えません。ビソノテープは自律神経の働きを抑えて心拍数を減少させます。
  • 来院後,血圧と心拍数を測定し,肘の静脈から点滴をして待機して頂きます。ビソノテープで十分に心拍数が低下しない場合、心拍数を減少させる薬剤(コアベータ)を検査直前に静脈内に投与することがあります。
  • 着替えをして検査室に入ります。検査は心拍数を測りながら行うため、心電図の電極を貼り付けます。
  • 冠動脈を拡張させる薬剤(ミオコールスプレー)を舌下に投与します。
  • 造影剤の注入を続けながら10秒ほど息を止め、X線を照射して撮影します。
  • 造影剤を注入していた針を抜いて止血したら検査終了です。

注意事項

  • 急性の造影剤アレルギーが生じないかを確認するため,検査終了後30分間は院内での待機をお願いします。
  • ヒグアナイド系糖尿病治療薬は服用調整が必要です。服薬されている場合にはお知らせください。服用されている場合は検査日前日から検査後翌々日まで(計4日間)、服用を中止して頂きます。
  • 造影剤は尿と一緒に排泄されますので、検査終了後は水分をいつもより多く摂取して下さい。
  • 検査終了後(1時間後から数日後)稀に発疹、発赤、痒み、吐き気、嘔吐、めまいなど(遅発性副作用)を発症する場合があります。帰宅後、このような症状がある場合、当院の診療時間内は受診された診療科に、診療時間外は救急外来にご連絡下さい。