メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

心臓カテーテル検査

どんな検査?
X線血管造影撮影装置

X線血管造影撮影装置

手や足の血管からカテーテル(血管より細く長い管)を挿入し、造影剤1)を使用しながら連続的にX線撮影して心臓や心臓に栄養を送る血管の造影を行います。

どんなことをするの?
心臓カテーテル-バルーン

治療法1:狭窄部位をバルーン(風船)で膨らませます。

心臓カテーテル-ステント

治療法2:狭窄部位に金属の筒を入れて膨らませます。

冠動脈造影

治療前:狭窄した血管

冠動脈造影

治療後:バルーンで膨らませた血管

検査の流れ

■検査方法は、検査部位によって異なります。
●手首の動脈血管から造影カテーテルを入れる場合

  1. 検査寝台に寝ていただきます。(通常あお向け)
  2. 処置を行う付近の消毒を行い、血管に針を入れた後、局部麻酔を行い、血管内にカテーテルを挿入します。
  3. 心臓(主に冠動脈3))の撮影を行います。
    ※撮影部位により息止めをお願いすることがあります。
  4. 検査終了後、カテーテルを抜き止血をします。
  • 妊娠またはその可能性のある方はお申し出ください。
  • X線を使用しますので被ばく4)は避けられませんが、医療検査被ばくは微量ですのでご安心ください。
  • 検査終了後、手首や足の付け根を止血するために安静にしてください。
1)造影剤
目的とする臓器や血管を画像で見やすくするための薬のことです。
2)駆出率
心臓の収縮能力を表す指標の一つです。
3)冠動脈
心臓に栄養を送る血管のことです。
心臓を包み込むように右に1本、左に2本の大きな血管の枝が存在します。
4)被ばく
人体が放射線を浴びることをいいます。