メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

逆行性尿道膀胱造影

逆行性尿道膀胱造影

検査目的

  • 一般的には男性尿道の静的な状態の検査です。
    専用の注入器(サニーホルダー)を用いて造影剤を尿道より逆行性に注入しながら撮影します。
    1. 前立腺肥大(腫大)の評価
    2. 尿道狭窄の有無
    3. 尿道の変形、陰影欠損・損傷の有無
    4. 後部尿道の延長、膀胱底の挙上

検査時間

  • 15分前後です。
    VCUG(逆行性排尿時膀胱尿道造影)と一緒におこなう場合は30分前後です。

検査方法・手順

  • 単純撮影と造影撮影の合計2枚を撮影します。
    1. 撮影台の上で尿道造影の体位をとっていただきます。
    2. UG前の単純撮影を行います。
    3. サニーホルダーを陰茎に装着します。
    4. サニーホルダーを用い造影剤(コンレイ 40ml)を尿道より注入しながら撮影します。
    5. 撮影終了後、サニーホルダーを脱却します。

UG前の単純撮影

逆行性尿道膀胱造影

注意事項

  • 絶食の必要はありません。
  • 造影剤は尿と一緒に出て行きます。検査終了後はトイレで排尿して下さい。

用語解説

UG
Retrogrde Urethrocystography(逆行性尿道膀胱造影)
サニーホルダー
陰茎固定用具の名称です。
VCUG
Retrogrde Voiding Cystography(逆行性排尿時膀胱尿道造影)
膀胱尿管逆流の有無と排尿時の膀胱頸部の開大などをみます。膀胱尿管逆流、神経因性膀胱、溢流性尿失禁、膀胱頸部硬化などの診断に用いる検査です。
造影剤
目的臓器や血管を染めて、画像で見やすくするためのお薬の事です。