メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

呼吸器リハビリテーション

呼吸器リハビリテーション

検査目的

  • 呼吸障害の予防・治療のために行います。大別して2つに分かれます
    • 急性呼吸障害;健常時の肺機能に戻していきます。
    • 慢性呼吸障害;残存肺機能の維持、能力の最大限の発揮 

対象疾患

呼吸訓練

  • 肺炎、無気肺、胸部外傷、肺梗塞、肺移植後、COPD(注1)、胸部悪性腫瘍の術後気管支喘息・拡張症、神経筋疾患での呼吸不全、人工呼吸管理下の患者様など 

治療方法

歩行訓練

  1. 体位排痰法
    痰のある肺を最も高い位置において、重力を利用して痰の移動を促す方法。どこに痰がたまっているかによって判断します。
  2. 呼吸介助
    吐く息に合わせて患者様の胸郭を両手を用いて圧迫します。しっかり吐くことで、そのあと深く息を吸うことにつながります。
    仰向け・横向き・うつ伏せなどの姿勢で行います。胸部の柔軟性の改善、肺の循環を良くし換気を促す、痰を出しやすくするなどの効果があります。
  3. 胸郭の動きをよくする運動
    呼吸筋のストレッチ、関節の動きをよくする
    モビライゼーション
  4. 運動療法
    ①全身持久力トレーニング(心肺機能・持久力の改善)
    ②骨格筋トレーニング(強くしたい筋肉を鍛えます)

注意事項

  • 患者様の動作アップが目的です。最善の注意は行なっていますが、痛み、痺れなどがある場合すぐにお知らせ下さい。
  • 過度の療法は悪影響を及ぼす場合がありますので、スケジュールに沿って一緒にリハビリ訓練を行いましょう。

用語解説

COPD
【慢性閉塞性肺疾患】
気道の慢性的な閉塞により肺への空気の流れが悪くなる病気の総称です。COPDは大きく分けて、肺気腫と慢性気管支炎のふたつに分類されます。