メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

細菌検査を受けられる方へ

細菌検査で何が分かるの?

最近

細菌※1(1/1000mmくらいの生物)は、私たちの体の表面や、口・お腹の中に、色々な種類のものがたくさんいます。また、生活環境のいたるところで生きています。
場合によっては人間の体に悪影響を及ぼすこともあります。
それがどんな種類の細菌なのか、どんな薬が効くのかなどを調べます。

検査時間

  • 細菌の種類によって様々ですが、約3~7日ほど必要です。

 注意点

手洗い

私達の周囲には、沢山の細菌が存在しています

  • 手洗い等を心がけ予防に努めましょう。
  • 細菌に負けないよう、規則正しい生活(充分な睡眠)を送りましょう。

検査の方法

  1. 顕微鏡で見る
    顕微鏡

    検査する材料をガラスの上に塗リ、赤と青の染色液で染めて顕微鏡で見ます(グラム染色)

  2. 菌を増やす
    菌

    細菌が食べる栄養素(糖など)の入った寒天に検査材料を塗り広げ、体温と同じ暖かいところに一晩入れておきます。

    すると1/1000mmの菌がだんだん増えて、目に見える大きさ[1~5mm]になります。

  3. 菌の性質を見る
    菌装置

    目に見えるようになった細菌の中から、悪さをしている細菌を探し、どういう細菌なのか、どのお薬が効くのかを自動の機械(左)にかけて調べます。その他、細菌が出してる毒素を調べたりもします。

    最後に病気を起こしている細菌の名前を決定し、その細菌を退治できそうなお薬を医師に報告します。

※1 細菌

微小な単細胞生物。普通は、細胞の分裂で増殖します。大きさ0.2~2μmの自己複製能力をもつ単細胞生物です。