メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

脳波検査

脳波検査

検査目的

  • 脳波検査は、主に大脳の活動状態を頭の上から記録するものです。
    脳の活動状態とは、いわゆる頭の良し悪しとは関係なく、通常の生活をしていく上での機能的な働き具合をいいます。
    てんかんの評価、代謝性や炎症性の脳障害、睡眠障害、脳血管障害や腫瘍などにとっては必要不可欠な検査です。

検査時間

  • 一般的な記録時間は、安静時・賦活脳波を含めて約30分で、睡眠中の記録を行う場合は少し時間がかかることもあります。これに電極の準備や装着を含めると、全体で約1時間は必要です。

検査方法・手順

  1. 頭に電極を装着します。
  2. 光刺激、深呼吸、開閉眼の時の脳波を記録します。
  3. 電極をはずし検査終了です。

一般的な検査風景

装置本体

注意事項

  • 前日に洗髪し、当日は整髪料は付けないでください。
  • 検査前にトイレを済ませておいてください。
  • 食事は普通にしてください。あまり空腹での検査は脳波に影響が出る場合もあるので、注意してください。
  • 特別に医師の指示が無い限り、薬も普段どおりに服薬してください。

用語解説

てんかん
原因は様々ですが、激しい全身のけいれん、意識障害等の症状を一時的ですが繰り返して出現します。
脳血管障害
脳の血管がつまったり、血管が破れて出血することによって、脳の組織が障害をうける病気を総称して、脳血管障害といいます。