メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

終夜睡眠ポリグラフィー

終夜睡眠ポリグラフィー

検査目的

  • 頭部を中心に脳波の電極を装着し眠り、睡眠中に脳が充分に休息出来ているか、睡眠が妨げられていないかを調べる検査です。睡眠時無呼吸症候群の検査です。
    1. 規則正しく良く深く眠れているか、睡眠が断片化していないかを評価。
    2. 睡眠中の呼吸状態の評価。(呼吸が止まっていないか、呼吸が浅く制限されていないかなど)
    3. 睡眠中、脳・心臓・肺など全身に酸素が供給されているかの確認。
    4. 鼾(いびき)の有無、鼾の状絶(気道が挟くなる恐れがある鼾でないか)の評価。
    5. 寝入り鼻に足がピクピク動いていないかの確認

検査時間

  • 各センサーを装着するのに約40分を要します。
    センサーを装着後、5~10時間の睡眠をとって頂きます。
    (睡眠環境が変わり寝付けない方には、検査用の睡眠薬を準備しております。)

検査方法・手順

  1. 寝る前に機器を装着します。
  2. 利き手ではない手首に、腕時計のようにベルトを通します。
  3. 電源を入れ、赤い点滅が爪の上にあたるように、プローブを小指にはめます。
  4. はずれないように白に指カバーをプローブの上からはめます。
  5. 朝起きたら電源を切り機器をはずします。

一般的な検査風景

検査室

無呼吸中(約1分間)

注意事項

  • 出来る限り、検査当日の昼寝は取らないでください。
  • 睡眠前の飲酒習慣のある方に限り、通常と同程度を飲んできてから、御来院ください。通常より飲酒量を控え過ぎないでください。
  • お車での来院は控えてください。
  • 検査中は部屋を出ることが出来ないため、尿は尿瓶か携帯用トイレを準備致します。
  • 電極などをクリームにて固定しますので、翌朝シャワーで落として頂きます。

用語解説

睡眠時無呼吸症候群
英語でSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。読んで字のごとく「睡眠時に」「無呼吸」状態になる病気です。