メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

終夜睡眠ポリグラフィー

検査にかかる時間
5~10時間(睡眠時間)

パルスオキシメトリー検査

どんな検査?

睡眠時無呼吸症候群1)の重症度を調べたり治療法などを決定するために必要な、1泊入院して行う検査です。脳波や呼吸の状態、心電図、いびき、酸素飽和度、脚の動き、寝返りなどを測るためのセンサーを装着して、一晩中連続して記録します。センサーの装着中は痛みもなく、寝返りやトイレに行くことも可能です。

終夜睡眠ポリグラフィー

何が分かるの?

睡眠中に脳が充分に休息出来ているか、睡眠が妨げられていないかを、以下の内容で評価します。

  • ・ 規則正しく良く深く眠れているか、睡眠が断片化していないか
  • ・ 睡眠中の呼吸状態(呼吸が止まっていないか、呼吸が浅く制限されていないかなど)
  • ・ 睡眠中、脳・心臓・肺など全身に酸素が供給されているか
  • ・ いびきの有無、いびきの状態(気道が狭くなる恐れがあるいびきでないか)
  • ・ 寝入り端に足がピクピク動いていないか
  • 検査の方法・流れ

    1. 17時半までに来院いただき、必要な電極、センサーを装着します。各センサーの装着に30分要します。
    2. センサーを装着したまま一晩お休みします。
    3. 翌朝6時にセンサーをはずし、検査終了です。
    4. 検査記録を解析し、約1週間後に検査結果を報告します。

    注意すること

    • 【検査前】出来る限り、検査当日の昼寝は取らないでください。
    • 睡眠前の飲酒習慣のある方に限り、通常と同程度飲酒をされて、ご来院ください。
    • お車でのご来院は控えてください。
    • 【検査中】検査中は部屋を出ることが出来ない(全く動けないわけではありません)ため、喫煙はご遠慮ください。
    • 【検査後】電極などをクリームで固定しますので、翌朝シャワー室にて落としていただきます。

    用語・略語解説

    1)睡眠時無呼吸症候群
    英語で Sleep Apnea Syndrome(略称SAS)「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上               または7時間の睡眠中に30回以上ある方は、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。