メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

病院情報の公表

Hospital Information

病院情報の公表

平成29年度 原三信病院病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 -90 290 409 733 1,002 2,154 2,164 1,335 268
定義)
一般病棟の年齢階級別(10 歳刻み)の患者数を示す。
年齢の基準は、入院初日時での年齢とする。
年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定する。

解説)
当院の特徴としては、高齢者の割合が非常に高く、全体の70.1%を占めています。(H28年度69.9%)
かつ、そのうちの約2/3が後期高齢者に該当します。高齢化社会を反映した患者構成になっています。
若年層の入院の割合が少ないのは、小児科・産科がないため入院の受け入れをしていないことが要因です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 80 3.39 3.59 1.25% 73.54
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 51 18.53 11.99 1.96% 66.71
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 32 15.13 13.51 6.25% 83.19 肺炎(呼吸不全)
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 15.65 13.83 11.54% 75.62
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 21 14.10 19.65 0.00% 71.90 肺炎(呼吸不全)
定義)
各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について DPC コード、名称、患者数、自院の平均在院日数、
全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パス(任意)、解説を示す。(以下;各診療科の定義も同じ)

解説)
呼吸器科は、肺がん・呼吸器感染症・気管支喘息・呼吸不全などの疾患を診療します。
肺の悪性腫瘍に対する諸検査や放射線治療や化学療法による治療の患者も増加傾向にあり、平成28年度において、肺の悪性腫瘍の患者さんが上位を占めた。
呼吸器感染症の患者が多く、特に肺炎(急性・間質性・誤嚥性を含めると)は実績が高い。
消化器科(肝胆膵内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 13.85 9.90 11.54% 71.46
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 26 15.58 11.44 11.54% 71.04
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 16.20 13.04 20.00% 67.25
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 16 4.75 7.53 0.00% 54.94
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 11.08 10.91 0.00% 67.58
060050xx97x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 12 6.50 18.87 0.00% 56.83
解説)
肝胆膵内科は、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓などの疾患全般を診療します。
特に、肝臓疾患(肝炎・肝硬変・免疫性肝疾患・肝腫瘍など)の悪性腫瘍に対する治療に力を注いでいます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 123 3.67 3.03 0.81% 67.45
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 78 8.03 4.62 0.00% 68.47
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 15.58 17.71 15.28% 81.00 心不全
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 11.12 5.68 11.76% 69.59
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 16.82 11.21 3.57% 77.75
解説)
循環器科は、心臓疾患全般(心筋梗塞・狭心症・心不全・不整脈・慢性虚血性心疾患など)及び血管疾患全般(閉塞性動脈硬化症など)の疾患を診療します。
心臓カテーテル法による諸検査や経皮的冠動脈形成術(PCI)やステント挿入術など、幅広い検査・治療を実施しています。
その他、不整脈等の疾患に対するカテーテルアブレーション(心筋焼灼術)や閉塞性動脈疾患などの治療や手術にも積極的に取り組んでいます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 313 5.80 5.75 0.96% 57.88
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 184 3.18 5.17 1.63% 66.44
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 176 8.70 7.64 0.57% 71.04
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 122 7.43 7.64 0.82% 71.35
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 114 8.73 7.31 0.88% 71.35
解説)
泌尿器科は、医師18名を有し、泌尿器科疾患全般(腎臓疾患・尿路系疾患・膀胱疾患・前立腺疾患・精巣疾患・性機能障害・男性不妊など)を診療する科で、
全国でもトップクラスの病院です。
その他の特徴としては、前立腺の悪性腫瘍の短期滞在手術等(前立腺生検法)を年間500例実施しており、前立腺癌のあらゆる治療を提供できることです。
(da Vinci手術・放射線治療・密封小線源治療・化学療法・ホルモン療法など)
泌尿器科領域の悪性腫瘍(膀胱癌・前立腺癌・腎癌・尿路系癌)に対して、十分な実績を有しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 5.98 6.64 0.00% 58.07
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 7.32 7.40 0.00% 56.46
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 34 6.53 5.56 0.00% 37.03 虫垂炎
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 23.54 15.61 0.00% 72.57
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 26 25.81 17.27 0.00% 70.85
解説)
外科は、消化管疾患・肝胆膵臓疾患・乳腺疾患・甲状腺疾患などの疾患を診療します。
内視鏡的(3D立体内視鏡システム)外科手術を積極的に活用している。
その他の特徴としては、鼠径ヘルニアの短期手術(腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術104例、及び鼠径ヘルニア手術37例)を年間約140件を実施しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 49 20.73 22.44 79.59% 80.57
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 45 31.76 27.09 91.11% 81.93 大腿近位骨折
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 44 17.41 11.41 6.82% 32.57
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 定義副傷病 なし 24 11.83 9.49 12.50% 49.88
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 21 6.67 5.21 0.00% 65.52
解説)
整形外科は、整形疾患全般(外傷性疾患・変形性関節症・スポーツ外傷・腱板&関節脱臼疾患・脊椎疾患・骨粗鬆症関連疾患)などの疾患を診療します。
手術後は回復やリハビリを十分に行えるリハビリ専門病院との連携を促進しており、転院率が高いのが特徴です。
特徴としては、四肢(肩・膝・足)の疾患に特化しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 7.67 7.34 11.11% 62.67
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 8.54 9.68 7.69% 57.77
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 20.55 11.75 36.36% 81.00 慢性硬膜下血腫穿孔
洗浄術
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 3.14 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.38 - - 脳梗塞
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.10 - -
解説)
脳神経外科は、主な疾患(頭部外傷・脳血管障害・脳腫瘍・水頭症・機能的疾患)などの疾患を診療します。
当院の特徴として、頭部外傷疾患の患者が多いです。近隣に大きな脳神経外科を有する病院があるため、救急隊による患者さんのすみ分けがあるものの、
積極的に外傷患者の受け入れを実施している。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 78 5.91 6.28 0.00% 44.03 腹腔鏡下子宮全摘術
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 51 2.92 3.05 0.00% 36.86 腹腔鏡下子宮全摘術
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 49 9.78 9.27 4.08% 70.18
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 42 5.71 7.70 0.00% 39.52 腹腔鏡下子宮全摘術
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 38 5.18 6.37 0.00% 41.45 子宮附属器腫瘍摘出
解説)
婦人科は、一般婦人科全般(子宮・卵巣・生殖器脱などの良性)の疾患を診療します。
不妊治療に対する診療も泌尿器科と連携を図り診療に取り組んでいます。
悪性腫瘍に対しては診療を行っていませんので、近隣の大学病院と連携した体制をとっています。
大きな特徴は、子宮鏡、腹腔鏡での手術が可能で女性の患者さんにとって優しく、全国平均よりも入院期間の短い手術を施行しているところです。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 16.55 16.38 27.27% 71.55
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 5.36 5.15 0.00% 72.36
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 10 16.20 20.55 20.00% 78.70
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.32 - -
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし - - 18.38 - -
解説)
脳神経内科は、主に脳血管障害・神経変性疾患・免疫神経疾患・てんかんなどの疾患を診療します。
脳血管障害(脳梗塞)が多く、比較的軽傷(JCS10未満)の患者を治療しています。これは、重篤化しないうちに早期に診断・治療を実施し、
地域に密着した医療を提供しているからです。また、物忘れやアルツハイマーなどの疾患にも積極的に診療をしています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 19 15.21 14.27 0.00% 58.00 糖尿病教育入院
(6日間)
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.16 - - 糖尿病教育入院
(6日間)
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 15.87 - - 糖尿病教育入院
(6日間)
100070xx97x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 20.50 - - 糖尿病教育入院
(6日間)
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.57 - -
解説)
糖尿病内科は、糖尿病疾患の診断・治療・予防教育を実施しています。
そのほとんどが、2型糖尿病の患者です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 13.21 12.23 7.14% 63.46
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 19 45.32 36.38 0.00% 69.68
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 18 7.83 7.35 0.00% 44.06
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 9.83 8.50 0.00% 69.42
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 22.12 - -
解説)
腎臓内科は、腎臓病疾患全般(腎炎・ネフローゼ症候群・腎不全など)の疾患を診療しています。
主に、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の患者が多く、血液透析を実施しています。
この他に、内シャントの造設術や血栓除去術等の患者を診ています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 40 24.18 16.48 0.00% 71.80
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 21 25.14 13.89 0.00% 76.57
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 21 31.90 33.42 0.00% 72.19
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 19 21.05 17.04 10.53% 71.68
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 18 57.72 40.97 0.00% 56.39
解説)
血液内科は、血液疾患全般(血液病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫など)の疾患を診療します。
その特徴は、自家及び同種造血幹細胞移植などを積極的に実施しています。
この他に、抗がん剤治療や分子標的約治療などの治療も実施しています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 29 14.17 12.34 13.79% 69.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 17.59 20.83 22.73% 83.36 肺炎
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 22 5.36 5.15 0.00% 68.00
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 21 15.71 13.51 19.05% 84.95 肺炎
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 17 20.82 15.12 35.29% 86.65 肺炎
解説)
総合診療科は、一般内科全般の疾患を診療します。
その特徴は、発熱・全身倦怠感・食欲不振・体重減少などの症状の改善、治療を行っています。
診断群分類別患者数構成の上位に、多岐にわたる患者構成になっているのは、総合診療科の特徴でもあります。
消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 64 9.20 8.73 0.00% 66.95
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 44 8.27 7.87 0.00% 59.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 31 6.61 5.50 0.00% 41.03
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 6.93 7.39 3.70% 59.59
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 23 15.70 13.52 4.35% 62.04
解説)
消化器科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・直腸などの消化管疾患などの疾患を診療します。
胃の悪性腫瘍の疾患を内視鏡的に切除する治療が積極的に行われています。
この他、小腸/大腸の良性疾患の短期手術(内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術)を年間300例実施しており、多くの症例を実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 94 12 - 14 - - - 7
大腸癌 47 26 24 26 - 35 - 7
乳癌 17 17 - - - - - 7
肺癌 33 - 38 31 19 56 - 7
肝癌 10 - - 26 - 55 - 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義)
5大癌(胃癌・大腸癌・肝癌・肺癌・乳癌)の患者さんの人数を、初発(UICC病期分類別)・再発に分けて集計しています。
平成29年度中に退院した実患者数(対象期間に何度入院されていても、1人としてカウント)を対象としています。

UICC病期分類とは)
国際対がん連合によって定められたがんの進行度を、一定基準のもとに分類したものです。腫瘍の大きさ、リンパ節の転移の状況、
他の臓器や組織への転移有無など、3つの基準を元に分類するもので、治療前に得られた情報に基づく分類になります。
UICC病期分類が不明となっている症例については、Stageが特定できない等の場合に不明としています。

解説)
当院の5大癌の実績は、大腸癌・胃癌・肺癌などが多く、上皮性でも管腔臓器の癌が上位を占めています。
平成29年度は肝癌の初発で倍増を示し、特にその中でもStage分類(Ⅳ)の患者比率が高く、
他の病院からの紹介で、治療や手術の依頼さるれ患者さんが多くなってきました。

また、5大癌以外にも、前立腺癌、膀胱癌は、全国的にもトップレベルの診療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 49 11.45 49.93
中等症 143 17.80 81.30
重症 12 22.00 83.25
超重症 - - -
不明 - - -
定義)
入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)で、
さらにその中でもICD10コードがJ13~J18で始まるもの。  ※インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC 040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC 040081)は除外。 
※また、市中肺炎であるので入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外。
重症度区分の見方
 ①男性≧70歳、女性≧75歳
 ②BUN≧21または脱水(+)
 ③酸素飽和度≦90%
 ④意識障害(肺炎に由来する)
 ⑤sBP≦90mmHG
   重症度0:上記5つの項目がいずれも満たさない。  :軽症
   重症度1:上記5つの項目で1つを有する。     :中等症
   重症度2:上記5つの項目で2つを有する。     :中等症
   重症度3:上記5つの項目で3つを有する。     :重症
   重症度4:上記5つの項目で4つを有する。     :超重症
   重症度5:上記5つの項目全て有する。        :超重症

解説)
成人とは、20歳以上の患者で、市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。
肺結核、院内肺炎、日和見肺炎、閉塞性肺炎、嚥下性肺炎、慢性下気道感染症の急性増悪などを充分に識別する必要があります。
当院においては、中等度の肺炎患者が多い。このような結果は、当院の年齢階級別退院患者数でも述べたように、高齢者の患者が多いことが起因しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 50 24.02 72.86 26.87%
その他 17 17.71 72.94 4.48%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
定義)
脳梗塞(DPC 010060)の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を算出し、最も医療資源を投入した傷病名の
脳梗塞ICD10の上3桁で分類しています。
※「発症から3日以内」又は「その他」で症例数等を分類しています。

解説)
当院では、脳血管障害では圧倒的に脳梗塞が多い。
脳梗塞は、脳の血管が詰ったり何らかの原因で血の巡りが低下し、その結果脳組織が壊死(梗塞)したものです。
(1)アテローム血栓性脳梗塞 (動脈硬化が主な要因の梗塞)
(2)ラクナ梗塞 (脳の細い血管が詰まり15mm以下の小さな脳梗塞)
(3)心原性脳塞栓症(心臓のなかに血栓ができ循環し脳で詰ったもの)など3つの分類に分かれています。
当院では、脳神経外科・脳神経内科があり、適宜、疾患と症状あった治療を行うことが可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K653-3 内視鏡的食道下部及び胃内異物摘出 - - - - -
K783-2 DJ交換 - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術 - - - - -
K726 人工肛門造設術 - - - - -
K8036イ TUR-Bt - - - - - TUR-BT
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) - - - - -
K721-3 内視鏡的結腸異物摘出術 - - - - -
K488-3 胸腔鏡下試験開胸術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
定義)
手術患者数の多い上位5症例を診療科別に示しています。
手術患者数の算出には、Kコードを用いています。
手術症例件数が、10症例未満は、ー(ハイフン)で表示しています。(以下;各診療科の定義も同じ)

解説)
呼吸器科では、手術症例件数が、10症例未満です。
これは、呼吸器系疾患の手術のほとんどが、他の科に転科となり、その転科した科の手術実績になるからです。
(例;肺の悪性腫瘍・・・・DPCコード 040040××97×0××  肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 外科H29年実績 18件)

肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 23 2.17 5.35 0.00% 59.09
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腹腔)化学塞栓 等 18 3.00 12.28 0.00% 74.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼(2cm↓その他 - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開1.乳頭括約筋切開 - - - - -
解説)
肝胆膵内科での手術の特徴は、選択的血管塞栓術(腹腔内血管等) を実施しています。
この他に、肝臓・膵臓疾患に伴う胆道系狭窄に患者に対して、内視鏡的にステントを留置する治療を実施しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(薬剤溶出性ステント) 等 87 4.74 5.39 2.30% 68.76
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 等 45 6.42 17.04 13.33% 71.82
K5972 ペースメーカ移植術2経静脈電極の場合 等 16 5.81 14.56 6.25% 80.56
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 等 13 3.69 5.15 0.00% 68.00
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 等 - - - - -
解説)
循環器科では、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などに対する冠動脈ステント留置術が多く、緊急の心疾患に対する治療・手術に24時間365日、
対応しています。
また、四肢における血管拡張術・血栓除去術の治療・手術やペースメーカー移植術にも積極的に対応しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ TURBT(電解質溶液使用) 等 299 1.64 6.99 0.67% 71.47 TUR-BT
K7811 TUL(レーザーによるもの) 等 271 1.57 3.11 0.74% 57.62 TUL
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 等 186 1.06 5.08 3.76% 67.26
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 等 140 2.31 2.20 4.29% 67.56
K841-22 PVP 等 122 1.59 5.12 0.82% 71.30 PVP
解説)
泌尿器科は、医師18名を有し、泌尿器科疾患全般(腎臓疾患・尿路系疾患・膀胱疾患・前立腺疾患・精巣疾患・性機能障害・男性不妊など)を診療する科で、全国でもトップクラスの病院です。
その他の特徴としては、前立腺の悪性腫瘍の短期滞在手術等(前立腺生検法)を年間508例実施(H28年度450例)しており、前立腺癌のあらゆる治療を提供できることです。
(da Vinci手術・放射線治療・密封小線源治療・化学療法・ホルモン療法など)

泌尿器科では、膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(開腹ぜず)の手術が最も多いです。
上部尿路疾患(尿路結石症)に対しては、TUL(経尿道的尿管結石破砕術;レーザーを用いたもの)が、約300件と昨年度と同様の実施しています。
当院での上部尿路疾患(尿路結石症)の体外衝撃波による腎・尿管結石破砕術は、年間100件弱を実施しています。
また、水腎症などの患者に対する尿管ステント留置術(抜去術)が、年間約150件と非常に多くなっています。
前立腺肥大症に対するPVP(光選択式前立腺レーザー蒸散術)を、年間100件を超す症例を実施しています。

この他に、H28年度より導入した da Vinci(内視鏡手術用支援機器を用いた)の前立腺悪性腫瘍手術を53件実施しました。
da Vinci手術による推移は、H28年度120件を実施しており、年々増加傾向である。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 等 104 0.79 2.59 0.00% 67.09
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 92 1.53 5.21 0.00% 57.87
K6335 ヘルニア手術5.鼠径ヘルニア(リヒテンシュタイン) 等 37 0.92 4.19 0.00% 71.08
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除(周囲膿瘍無し) 等 34 0.32 5.21 0.00% 37.03
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 等 28 6.00 18.89 0.00% 68.64
解説)
外科では、胆嚢疾患(胆嚢結石・胆嚢水腫・胆嚢炎)などに対して胆嚢摘出術と、鼠径ヘルニア(脱腸)疾患などに対してヘルニア修復術を、腹腔鏡下にて多く実施しています。
また、ヘルニアの手術においては、開腹術(リヒテンシュタイン)等も多く、患者の症状(他の手術歴の有無/両側性/大きさなど)によって施行されています。
患者の年齢・状態や症状などの条件が整えば、腹腔鏡下胆嚢摘出術や腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を、日帰り手術で行うこともできます。(日帰り手術センター)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0483 下腿抜釘 骨内異物(挿入物)除去術 等 42 1.14 4.90 2.38% 49.17
K0461 大腿骨骨接合 骨折観血的手術 等 42 2.55 25.05 71.43% 76.24 右大腿骨近位部骨折
(骨接合・置換術:連携)
K0463 骨折観血的手術(足) 等 30 1.33 12.80 13.33% 48.00
K0462 下腿骨折観血的骨接合手術 等 25 2.32 21.16 36.00% 55.52
K0484 鎖骨抜釘 骨内異物(挿入物)除去術 等 21 0.81 2.62 0.00% 44.48
解説)
整形外科では、大腿骨頚部骨折や鎖骨骨折の外傷性の患者が多く、観血的(一般的)な手術が施行されています。
大腿骨頚部骨折の患者は、手術した後のリハビリを継続して頂くため、リハビリを専門とする病院へ紹介しているため転院率が高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 0.60 17.40 26.67% 76.40
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 等 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - - 頸動脈ステント留置術
(CAS)
K1643 【開頭】頭蓋内血腫除去3.脳内 等 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1642 【開頭】頭蓋内血腫除去2.硬膜下 - - - - -
解説)
脳神経外科では、外傷性による慢性硬膜下血腫に対して、頭の中(頭蓋内)から血腫を除去洗浄する手術が最も多いです。
緊急手術になる場合がほとんどですので、手術前日数が短いのが特徴です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 腹腔鏡下子宮付属器腫瘍摘出術 等 82 1.02 3.50 0.00% 41.22 腹腔鏡下手術
(卵巣嚢腫摘出術・付属器切除・子宮筋腫核出術)
K872-3 子宮鏡下子宮内膜ポリープ摘出術 等 55 0.87 1.04 0.00% 38.04
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 等 44 1.00 4.82 0.00% 47.82 膣式子宮摘出術
(子宮筋腫)
K8654 子宮脱手術4.膣式子宮全摘膣壁形成 等 37 1.38 7.62 2.70% 71.16 膣式子宮摘出術
(子宮筋腫)
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 等 30 1.03 3.07 0.00% 39.47 子宮筋腫核出術
解説)
婦人科では、腹腔鏡下を用いた子宮付属器(卵巣や卵管など)の腫瘍の摘出術が最も多いです。
次に、子宮内内膜に出来たポリープを子宮鏡下で切除する手術も多く、ほとんどが2泊3日で退院することができます。
子宮が異常に降下し、子宮に一部または全体が腹圧により容易に膣外に脱出する患者に対して、子宮全摘による膣壁形成術を実施しています。
また、当院は良性腫瘍を主としたし手術をしています。悪性腫瘍に対しては手術を行っていませんので、近隣の大学病院と連携した体制をとっています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻含) - - - - - 経皮内視鏡的胃瘻造設術
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
解説)
脳神経内科では、手術症例件数が、10症例未満です。
これは、脳神経内科系疾患は、ほとんど手術がないためです。
糖尿病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) - - - - -
K7212 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm以上) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
解説)
糖尿病科では、手術症例件数が、10症例未満です。
これは、糖尿病科系疾患は、ほとんど手術がありません。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 等 45 0.87 2.31 0.00% 66.40 内シャント経皮的血管形成術
(PTA)
K610-3 内シャント設置術 等 29 7.76 22.69 0.00% 69.48 内シャント経皮的血管形成術
(PTA)
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
K6072 血管結紮術2.その他のもの 等 - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) - - - - -
解説)
腎臓内科で、透析を開始される患者さんへ対応するための、内シャント設置術(人工透析をするための血管をつくる)を施行しています。
また、入院透析(10床)、外来透析(50床)を有していてますので、経皮的なシャントの拡張術や血栓除去術にも対応しています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 末梢血幹細胞採取(自家)1回目 等 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術1.長径3cm未満 等 - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 等 - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K5972 ペースメーカ移植術2経静脈電極の場合 - - - - -
K6262 リンパ節摘出術2.長径3cm以上 - - - - -
K711 脾摘出術 - - - - -
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 - - - - -
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
K7161 小腸切除術1.悪性腫瘍手術以外 - - - - -
解説)
血液内科では、造血幹細胞採取(抹消血幹細胞採取;自家移植)が多く実施ています。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻含) - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - - 内シャント経皮的血管形成術(PTA)
K654 上部消化管止血術 - - - - -
解説)
総合診療科では、手術症例件数が、10症例未満です。
これは、総合診療科系疾患は、ほとんど手術がありません。
消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm未満) 等 287 0.31 2.16 0.00% 63.28
K6532 内視鏡胃十二指腸ポリ粘膜下層剥離 等 64 1.08 7.20 0.00% 66.55
K7212 内視鏡的結腸ポリープ切除(2cm以上) 等 59 0.07 2.25 0.00% 61.68
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 43 1.02 7.35 2.33% 63.37
K654 上部消化管止血術 等 25 0.40 10.04 4.00% 71.24
解説)
消化器科では、大腸ポリープの疾患に対する内視鏡的結腸ポリープが最も多く、福岡市ではトップクラスの症例を実施しています。
また、胃・大腸における早期悪性腫瘍に対して、非常に難易度の高い内視鏡下の粘膜下層剥離術を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 75 0.89%
異なる - -
定義)
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。

解説)
当院は、手術や処置・治療などを行う際には、合併症・感染症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。
合併症の発生率やその他のリスクについては、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置・治療を実施しています。
更新履歴
2018/09/28
平成29年度版公開
2017/09/28
平成28年度版公開
2016/09/27
初版公開
arrow_drop_down_circle