メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

婦人科更年期

更年期障害

概要(更年期障害とは)

(更年期とは)

女性の体は、図1)のように変化していきますが、そのうち更年期は、閉経の前後数年の 時期を指します。
具体的には、日本人女性の平均的な閉経は50歳前後と言われていますので、 40代半ば~50代半ばが更年期と言われる時期となります。

更年期とは

(更年期障害とは)

それでは、更年期障害とは何でしょう?
女性の体は卵巣から分泌される女性ホルモン、特にエストロゲンの影響を受けており、この女性ホルモンは妊娠の成立や体内のバランスを整える、健康な体を形成するなど女性にとって重要な役割を果たしています。
しかし、更年期を迎える時期になると、卵巣機能が衰えるため、卵巣から分泌されるエストロゲンが急激に減少し、ホルモン分泌が乱れます。
その結果、体内のバランスが崩れ、様々な症状が出てきます。これが「更年期障害」です。

更年期障害とは

また、40代半ば~50代半ばホルモン分泌の乱れの他、家庭環境の変化(ex.子供の独立や結婚、両親の介護など)や職場でのストレスなどが多く、これらの環境的変化も更年期障害を引き起こすと言われます。

症状

・更年期障害の症状は、個人差が大きく、多種多様な症状があります。

血管運動神経系 ほてり・のぼせ・動悸・発汗・冷え・むくみ・息切れ
運動器系 しびれ・腰痛・関節痛・肩こり
精神神経系 頭痛・耳鳴り・イライラ・うつ・めまい・不眠
消化器系 悪心・嘔吐感・便秘・のどの渇き・食欲不振
泌尿器系 頻尿・排尿痛・血尿
  • 女性ホルモンの減少に伴い、骨粗しょう症・高脂血症、動脈硬化になる場合もあります。
  • これらの症状は、更年期障害だけではなく、他の病気の場合もありますので、注意が必要です。必ず専門医を受診してください。

卵巣嚢腫の治療法

  1. ホルモン療法
    • 定期的に外来を受診して頂きます。
    • 更年期障害の原因である、女性ホルモンを補充し、ホルモンバランスを整えます。
    • 副作用があらわれる場合もあります(頭痛・吐き気・乳房の張りなど)
    • 患者様の生活習慣(喫煙の有無・肥満など)や、他の疾患の有無によって、ホルモン療法を用いることができない場合があります。
  2. 漢方薬療法
    • 症状が軽い場合やホルモン療法を使えない場合(乳がんの既往など)の治療法です。
    • 効果が出るまでに1~2週間かかります。
    • ホルモン療法よりも効果が弱い場合もあります。
    • 副作用はほとんどありません。(個人差あり)
    • 個人の体質、症状にあった薬で心身のバランスを調えます。