メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

婦人科子宮鏡手術

子宮鏡下手術について

子宮鏡下手術とは

子宮鏡下手術とは、子宮用の細い内視鏡(これを子宮鏡といいます) を子宮の入り口から挿入し、子宮筋腫や子宮内膜に出来たポリープ などの病変を子宮鏡の先端にある電気メスを操作し切開・切除する 手術です。
子宮内の様子は。子宮鏡に内蔵のカメラからテレビモニター に映し出され、医師はその画面を診ながら処置を行います。
腟から直接子宮内へ内視鏡を挿入しますので、切開などの傷はなく 体への負担が少ない手術です。

子宮鏡手術の意義および適応

子宮筋腫(主に子宮粘膜下筋腫)、子宮内膜ポリープ、子宮奇形 子宮腔癒着症などが適応となります。
粘膜下筋腫、内膜ポリープがあると不正出血や過多月経などの月経 異常を招くことがあります。特に粘膜下筋腫の場合は小さくても月経時 の出血が多量となることがあるため、子宮鏡手術による摘出の必要性 有用性が高いと考えられます。
また子宮内腔は妊娠において非常に 重要な場所になります。子宮内腔を覆っている子宮内膜がベッドと なり受精卵がそこに着床し発育していきます。そのため粘膜下筋腫 や内膜ポリープなどの腫瘍がある場合や子宮内膜の形の異常や 癒着があると、受精卵がうまく着床・発育しにくくなり不妊症や不育症 の原因となることがあります。

子宮鏡手術のメリット

  1. 見えるところに傷はできませんので美容上大変優れております。
  2. モニターで観察しながら行いますので、安全で的確な病巣部の切除が可能です。
  3. 術後の痛みが軽減されます。
  4. 開腹手術ですと子宮の筋肉を切開しなくてはならないので、出血が多くなります。子宮鏡手術では子宮口からダイレクトに子宮内腔に アプローチできますので出血も少なくてすみます。
  5. おなかの中を操作することがありませんので、癒着による卵管閉塞や腸閉塞の心配がありません。
  6. 入院期間も短く、開腹手術に比べ早く退院できます。

子宮鏡手術のデメリット

  1. 子宮鏡は視野が限られているため、どうしても摘出可能な腫瘍の 大きさに限界があります。
  2. 子宮自体が収縮しやすいため、摘出操作の最中に手術の続行が 困難になることがあります。そのような時は一度手術を終了し、二回 に分けて摘出することもあります。

子宮鏡手術の合併症

  1. 子宮穿孔が生じる場合が100回から90回に一度ぐらいの頻度で 発生します。その場合は腹腔鏡手術に切り替えます。
  2. ウロマチック(子宮鏡手術用液体)の使用によってまれに水中毒 という合併症を起こす場合があります。