メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

心房細動に対するカテーテルアブレーション

この内容は「いちにのさんしん72号」でも掲載されています

詳細はこちら

心房細動に対するカテーテルアブレーション
(肺静脈隔離術)

不整脈の薬物治療以外の代表的な治療法にカテーテルアブレーションがあります。カテーテルアブレーションは、アブレーション治療用のカテーテルで不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る治療法です。
代表的な頻脈性不整脈(早い脈の乱れ)である心房細動は、肺静脈から発生する異常な刺激が原因で発生することが分かっており、左右の肺静脈をそれぞれ囲う様に焼灼することで根治しうると考えられています(肺静脈隔離術といいます)。
当科では動悸などの症状がある、薬剤難治性心房細動に対するカテーテルアブレーションを積極的に行っています。

心房細動
心房細動

具体的には

治療内容

アブレーション治療用のカテーテルを首や太ももの付け根から血管を通じて心臓に挿入し、カテーテル先端から高周波電流を流して不整脈を根治します。事前に心臓造影CTを撮影し、そのデータを3D画像に変換・再構成(3Dマッピ ングと言います)し、具体的に表示することによりアブレーションカテーテルとの位置関係を確認しながら確実な治療が可能となりました。

当院におけるカテーテルアブレーションのスケジュール

入院スケジュール

最後に

心房細動は心拍数コントロールや抗凝固療法(血液をサラサラにする薬)など薬物療法による対症療法が必要な不整脈ですが、現在カテーテルアブレーションにより根治が可能な不整脈と考えられています。治療に関する方法や注意点など詳細につきましては、当院循環器科医師にご相談ください。