メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは?

腹部から下肢の動脈が、動脈硬化で細くなり、足が冷たくなったり、しびれたり、歩くと足が痛くなるなどの症状がでてくる病気です。進行すると足の色が悪くなることもあります。

閉塞性動脈硬化症

(青線が閉塞部)

進行した写真

(代表的な症状)

検査

  • 四肢動脈の触知:
    下肢の皮膚温、動脈拍動の強さを左右の肢で比較することで、狭窄・閉塞の有無を調べます。
  • 上下肢血圧測定:
    上肢、下肢の血圧を同時に測定し(APIまたはABI測定) 血管のつまり具合を評価します。
  • 超音波ドップラー検査:
    超音波を使って血管の狭窄や閉塞を調べます
  • CT・MRI検査:
    画像を3次元構築することにより、より詳細な血管の情報が得られます。
    3次元写真

    (下肢血管CT写真)

  • 動脈造影検査:
    手首や肘、脚のつけ根の血管から、細くて柔らかい管を挿入し、足の血管を造影し、足の血管にどの程度の狭窄があるかを観察します。

治療

  • 保存的治療
    • 理学的療法:
      運動・生活習慣の改善
    • 薬物療法:
      血管を拡張させ足の血流を改善する薬や、血の塊(血栓)ができにくくする薬を使用します。
  • 外科的治療
    • 末梢血管カテーテル治療(EVT):
      手首や肘、脚のつけ根の血管から、カテーテルを挿入し、足の動脈の細くなった場所を、バルーン(風船)やステント(網目状の金属)で拡張し、血液の流れを良くする治療法です。
      下肢血管形成術前

      外腸骨動脈血管形成術前

      下肢血管形成術後

      外腸骨動脈血管形成術後

    • 血行再建術:
      人工血管や自己静脈を用いたバイパス手術です(当院では施行しておりませんが、必要に応じ近隣の血管外科に紹介します)