メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

息をするときの空気の通り道である「気道」に障害が起こり、ゆっくりと呼吸機能が低下する病気です。重症になると息苦しさのために行動の自由が奪われたり、全身に障害が現れるなど、大変な苦しみを伴う病気です。
ありふれた症状でゆっくりと進行するため、異常を感じて受診したときには重症に陥っているケースが多く見受けられます。

COPDレントゲン

COPD CT

症状は

風邪でもないのにセキやタンが毎日のように続きます。
体動時に息切れを感じます。(同年代の人と同じペースで歩くのが辛くなり息切れをする。)

危険因子

  • 喫煙が最も重大な原因です。
    患者の90%以上は喫煙者です。
    COPDの発症リスクは喫煙本数に関係しています。
    喫煙開始年齢が若年であるほど進行しやすくなります。
    注意)受動喫煙(間接喫煙)も危険!!
  • 大気汚染や塵埃や化学物質等も刺激になります。特に、鉱山や建築現場、化学工場で働いている人は注意が必要です。
  • 遺伝子や肺の成熟との関連も注目されています。

検査と診断

  • 胸部X線・CT検査
  • 呼吸機能検査(スパイロメトリー)
  • 血液検査、 動脈血ガス分析
  • 喀痰の塗抹、培養、等

スパイロメーターという器械を使った簡単な呼吸機能検査にて診断を行います。呼吸機能検査は肺活量と、息を吐くときの空気の通り易さを調べる検査です。

治療方法は

  • 禁煙(積極的禁煙指導)
  • 薬物療法
  • 呼吸リハビリテーション
  • 在宅酸素療法
  • 栄養管理

(注意)治療は、疾患の重症度に応じて行うため、呼吸機能検査により重症度を判定する事が重要とされています。

自己管理の仕方

COPDは進行性の病気であり、現在のところCOPDを根本的に治す治療法はありません。しかし、早期に診断を受け治療を開始すれば呼吸機能の低下を食い止められ、健康な人と変わらない活動的な生活を続けることができます。

この治療の基本は禁煙です!!

最後に

WHO(世界保健機構)の統計によると、COPDは世界の死亡原因の第4位にランクされており、喫煙率に比例して伸びています。世界平均より喫煙率の高い日本においては今後患者の増加が見込まれます。

自分の肺の状態をチェックしてみよう!! ~

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の早期診断チェックシート

質問1 年齢は?




質問2 (1日のたばこの本数)÷20×(喫煙年数)は?




質問3  BMIは?



質問4 天候でせきがひどくなることは?


質問5 風邪ではないのにタンが絡むことは?


質問6 朝起きてすぐにタンが絡むことは?


質問7 ゼイゼイ、ヒューヒューすることは?


質問8 今までにアレルギー症状は?


合計0

*合計17点以上はCOPDの可能性が高いです。
一度早めに呼吸器内科を受診ください。