メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザにはA型、B型、C型の3つのタイプがあり、その年によって流行は異なりますが、主にA香港型、Aソ連型のいずれかが流行ります。
症状はどの型もほとんど同じで、家中みんながかかることが多く、普段風邪をひかない大人でも高熱がでます。
インフルエンザでも、症状が軽い場合には「かぜ」と区別がつきにくいですが、一般にインフルエンザの症状は重く、特に小児や高齢者、基礎疾患がある場合では重症化しやすい傾向があります。さらに、肺炎や脳症などの合併症も問題となります。
また、ときに大流行を起こし多くの犠牲者を出すこともあります。

原因は

空気中を漂っているウイルスを吸い込んだ後、呼吸器に感染して発症します。

予防方法は

流行前のインフルエンザワクチンの接種が積極的な予防法としてあげられます。
その年によって流行は異なりますが、近年はインフルエンザウイルスの監視システムが充実しており、非常に高い精度でその年に流行するウイルスの種類を予測できるようになりました。また、混合ワクチンなので予想が外れた場合でも新型ウィルスが出現しなければ、重篤な合併症や死亡を予防出来、かかった時でも症状が軽くて済みます。

予防接種の注意点

インフルエンザワクチンを作る過程で卵を使用します。よって、卵に強いアレルギーがある人は、インフルエンザワクチンは受けられない場合があります。

予防接種の方法

生後6ヶ月以降の全年齢を対象としますが65歳以上の高齢者、60~65歳未満で心疾患、肺疾患、腎疾患を持つ人に対しては接種を推奨。その他の年齢は任意接種です。
ワクチンには1回接種と2回接種があり、2回接種の場合は3~4週間の間隔をおきます。流行前である10~12月に接種します。(※小児については小児科医に再度ご相談下さい。)

予防接種の効果期間

有効な防御免疫の持続期間は5ヶ月程度と短いので、毎年シーズン前に接種を繰り返す必要があります。わが国ではインフルエンザシーズンの1ヶ月前くらいである11月までに摂取する事が勧められています。

費用については

全額自費となり、自費の金額は病院にてまちまちです。

(注意)当院ではインフルエンザワクチンの接種は行っておりませんので御了承下さい。接種に関しましてはお近くの保健所もしくはかかりつけの専門医に御相談下さい。