メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

気胸

気胸とは

レントゲン撮影

レントゲン撮影

気胸(ききょう)とは、肺から空気が漏れて、胸の中に溜まっている状態を言います。
空気が漏れて溜まっても、胸の外側には肋骨の硬い壁があるために、風船のように外側に膨らむことはありません。その代わり、胸の中で空気が溜まり、肺が空気に押されてしぼんでしまいます。
つまり、肺から空気が漏れて、肺が小さくなった状況を気胸と言います。

原因は

自然気胸
10歳台後半から30歳台に多く、長身で痩せて胸の薄い男性に多く発生します。肺の一部がブラ(嚢胞:のうほう)と呼ばれる薄い袋状になり、この部分に穴が開いておこります。
原因ははっきりしていませんが喫煙は原因の一つと言われています。( 特発性自然気胸)
肺気腫や肺がんのような肺の病気が原因でも気胸を起こします。(続発性自然気胸)
※自然気胸では肺に穴が開いて、一時的に空気が漏れてしまいますが、多くはすぐに穴が閉じます。しかし穴がふさがらず、空気が漏れ続けることがあり、再発を起こしてしまうことがあります。
外傷性気胸
交通事故などで胸を強打して肋骨が折れて肺に刺ささったり、胸壁を通すような傷をおった場合に気胸を起こしてしまいます。
医原性気胸
病院で針をさすような治療や検査を受けたときにも、気胸を起こす場合があります。

症状は

主な症状は、せき、胸痛、呼吸困難です。(※自覚症状がない事もあります。)
空気が大量に漏れると、肺がしぼんでしまい、さらに心臓を圧迫してショックになる場合があります。
また、同時に左右肺の気胸を起こすと大変な事になってしまいます。

CT撮影

CT撮影

MRP撮影

MRP撮影

診断・経過観察に必要な検査

胸部X線、胸部CT
気胸を診断するため、胸部X線検査を行ないます。胸部X線で気胸があることが診断出来たら、必要に応じて胸部CT検査を行ないます。
動脈血ガス分析…血液中の酸素と二酸化炭素の含有量を測る検査です。

治療方法は

軽症でかつ症状が無ければ安静にして過し、外来でときどき胸部X線検査を行い自然に穴が塞がるのを待ちます。
中等症や重症であれば入院が必要となります。胸に管(この管を胸腔ドレーンと呼びます)を入れて管の反対側に箱(吸引器)を取り付けます。この箱は、あふれ出た空気を外に排出します。
管は入れたままにしておき、空気があふれなくなったら管を抜きます。
※以上の治療法は保存的治療と呼び、気胸の原因であるブラに対する治療法ではありません。保存的治療の外に手術療法があり、最近では主に胸腔鏡下手術を行います。

用語説明

ブラ
気腫性肺嚢胞ともいい、臓側胸膜(肺を包んでいる膜)に見られる空気の入った袋を言います。破れて気胸になったり、大きくなると肺を圧迫したりします。

補足

胸腔鏡下手術
20-30歳代で再発を繰り返すもの、両側自然気胸の既往のあるもの、長期に肺虚脱の持続するもの、胸腔鏡でブラの多発がみられるものに対して、ブラの切除が行われます。この手術は入院期間も1週間程度ですむので、初発の気胸から手術で今後起こりうる病変まで手術してしまうこともあります。