メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

呼吸不全

呼吸不全とは

呼吸不全とは、ひとつの疾患ではなく、原因となるさまざまな疾患のために呼吸器機能が低下した結果、 血液中の酸素濃度が危険なほど低下したり、または二酸化炭素濃度が危険なほど上昇し、十分な酸素を 臓器に送れなくなった状態をいいます。原因となった病名とともに使う病態です。
呼吸不全は、慢性肺疾患の末期におこることが多く、緊急の治療が必要です。また、急性呼吸促迫症候群など の重い急性肺疾患によって、健康な人にも呼吸不全は起こります。発症の経過で慢性と急性に分けられます。

原因は

酸素が不足すると

もともともっている様々な肺の病気(肺結核・肺気腫・慢性気管支炎・ 間質性肺炎・気管支喘息など)に関連した発症や他に様々な要因が あります。呼吸機能や肺に影響を及ぼすほとんどの病気が 呼吸不全を起こす可能性があります。気道の閉塞、肺組織の損傷、 肺周囲の骨や組織の障害、肺を正常な形に保つ筋力の低下なども 呼吸不全を起こす一般的な原因です。
(補足)急性の場合には、換気不良の室内、高山病、航空病などが 発症の原因となることもあります。

症状は

咳

運動時の息切れ、咳、痰、喀血など呼吸の異常、脈拍・血圧・体温の変化。冷や汗。 胸部の圧迫感。疲労感。眠気(意識障害)など重症度や原因疾患によって 様々な症状が出現します。

検査・診断

X線撮影

<検査内容>

  • 採血
  • X線検査(胸部/腹部)
  • 心電図 
  • エコー検査 
  • CT検査 など

<診断方法>

肺の病気でなくても起こりますので、最終的には検査データ、所見と症状、身体所見などを総合して診断が行われます。

治療方法は

原因となる疾患によっても変わりますが、適切な酸素吸入療法と薬物療法(内服薬・吸入薬)を 中心として、必要時には人工呼吸器を使用した人工呼吸療法を行う事もあります。
慢性呼吸不全の場合には自宅で酸素療法を行う在宅酸素療法や呼吸リハビリテーション療法を 行うこともあります。

最後に

呼吸不全

生活面での注意として、喫煙が慢性呼吸不全の一つである慢性閉塞性肺疾患の発症に 関係しているので、禁煙が重要です。また、基礎疾患が原因になるため、基礎疾患の治療を 継続して行うことが大切です。慢性であれば、とくに感染症に注意する必要があります。