メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

診療科紹介

Medical Info

泌尿器科 前立腺レーザー蒸散術(PVP・CVP)

前立腺肥大症のレーザー手術(PVP)が保険適応になりました

排尿困難の原因となる前立腺肥大症

男性は、高齢になるとしばしば尿が出にくくなったり、切れが悪くなったり、夜中に何度もトイレに起きるようになります。
これらの症状は前立腺肥大症によることが多く、軽度から中等度の前立腺肥大であれば、お薬で改善します。前立腺肥大症の代表的な治療薬はアルファ・ブロッカーと呼ばれ、肥大した前立腺や尿道の筋肉を緩めて尿が出やすくすることにより、自覚症状の改善を期待するものです。
ただし、お薬で完全に治すことは不可能なうえ、内服は長期間継続しなければなりません。
お薬を服用しても改善が不十分であったり、お薬の副作用で内服を継続できない患者さんでは、手術や導尿による治療を行います。


前立腺肥大症に対する手術方法

従来、前立腺肥大症に対する標準治療は経尿道的前立腺切除術(TURP)であり、現在も標準治療であることに間違いありません。TURPは、尿道から内視鏡を挿入し、電気メスで肥大した前立腺を切除するものです。
残念ながら、この方法では出血があり、手術中に使用する灌流液によるTUR反応(希釈性低ナトリウム血症)が起こり得るため、身体への負担・侵襲が大きいことが問題となり、心臓や肺、脳に病気を抱える患者さんでは行いにくい手術方法とされます。またTURPでは、尿道にカテーテル(管)を術後4日間ほど留置する必要があり、患者さんの苦痛となりえます。カテーテルを抜いたあとも、しばらく排尿痛、頻尿、血尿および一過性の尿失禁等が生じることがあります。入院期間は少なくとも1週間以上となります。


画期的な手術方法であるPVP(経尿道的前立腺レーザー蒸散術)

米国のLaserscope社が、KTPレーザーというレーザーを開発し、このレーザーを用いた前立腺肥大症に対する手術(PVP)が、欧米や韓国を中心に急速に普及し、日本でも2005年からPVPが行われてきました。
KTPレーザーは赤血球中の酸化ヘモグロビンという物質を選んで熱することで、組織を蒸発(蒸散)する性質を持っています。
血流の多い前立腺の肥大した部分に有効に働きかけることで、出血がほとんどなく、安全で効率よく手術を行うことが可能です。手術翌日から排尿が可能で、尿道の痛みもほとんどありません。ですが、KTPレーザーによるPVPは薬事未承認のため、60万円以上の自費診療でした。


保険診療となったPVP

PVPはこれまで自費診療であったため、日本では4施設でしか行えない特殊な手術法でした。2011年7月よりPVPが保険診療となり、他の術式と同じように安く手術が受けられるようになりました。今回、保険で認められたレーザーはLBOレーザーとよばれ、従来のKTPレーザーを改良したものです。海外では、PVPは安全で効果的な手術方法とされます。日本でもPVPは安全で効果的であることは多数報告されています。高齢者、心臓や肺、脳血管に病気を抱えたハイリスク患者さんや、股関節手術後のため、砕石位(手術を行う姿勢)が不十分な患者さんでもPVPは可能です。出血が少なく、カテーテル留置期間や入院期間が短く、比較的他の術式より早く排尿が改善されることから、患者さんに優しい、低侵襲手術といえます。
原三信病院 泌尿器科では、2011年にLBOレーザーを導入しました。その効果・安全性については、欧米を含め、諸外国において多くの施設の治療成績で証明されております。PVPの長所は、安全で、早くから排尿状態の改善が得られ、さきほど説明したように保険診療となったことで、他の術式と同じように安く手術が受けられることです。
内服の煩わしさから解放され、術後の痛み・出血に悩まされることなく、以前のような排尿状態を取り戻すことが可能なこの手術法を是非おすすめします。当院ではPVP執刀件数が1,400例を超え、安全で効果的な治療成績を修めてまいりました。この新しい手術法であるPVP手術に興味がございましたら、当院泌尿器科医師までお気軽にお尋ねください。

よくある質問

入院期間は?
今までの手術法では入院期間が最低1週間、通常10日間は必要でした。PVPでは前日入院で、ほとんどの方は3泊4日で退院が可能です。
術後の尿道カテーテルの留置期間はどれくらい?
PVPでは出血がないため、手術の翌日にカテーテルが抜けます。以前のKTPレーザーと比べて、LBOレーザーは蒸散力が向上された分、組織の腫れがやや強くでるようです。組織の腫れが強くなる患者さん(約5%)では、1週間ほど尿道カテーテルを入れておくことがあります。
術後の痛みは?
術後のカテーテル留置期間が短いことに加え、手術に使用する内視鏡が細いため、術後の痛みはほとんどありません。
術後の男性機能は?
この手術を受けても男性機能障害(ED)にはなりません。TURPなどの手術では、逆行性射精(射精液が膀胱側に排出されて、前に出てこない合併症)が高率に起こります。PVPでは逆行性射精を起さない工夫を試みることは出来ますが、その場合、十分な排尿状態の改善が得られないことがあることをご理解ください。
従来の手術と比較して優れている点は?
安全性に優れ、他の術式に劣らない治療成績である点です。具体的には、TURPに比べて、出血が少ないため、輸血の準備がいらないこと、組織に穴が開くこと(穿孔)がないこと、TUR反応(希釈性低ナトリウム血症)が起きないこと、尿道カテーテルを手術翌日に抜いて退院できる点が優れています。心臓や肺、脳血管に病気を抱えた患者も手術ができる場合があり、股関節手術後で十分な手術姿勢がとれない患者さんも治療できる場合があります。
費用はどれくらいかかるのですか?
手術費用は3割負担の患者さんで12万円程度です。

前立腺がんでもこの治療が受けられますか?
前立腺がんの方はこの治療をお受けできません。PSA値(前立腺がんの腫瘍マーカー)が高く、前立腺がんの疑いのある方は、予め精密検査で前立腺がんがないことを確認してからしかPVPは受けられません
一回の手術で治りますか?
前立腺体積が80mlを超える場合、術後4年で排尿障害を来すことがあります。その場合、再手術を相談させていただきます。再手術を回避するために、当院ではPVPではなくCVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)を提案しております。

arrow_drop_down_circle