メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

血管造影検査(アンギオ)

血管造影検査(アンギオ)

原理

  • 手や足の動脈血管からカテーテル(血管より細く長い管)を挿入し、造影剤を注入しながら連続的にエックス線撮影し、血管(造影剤が含まれる)をよりよく描出します。また、血管造影のテクニックを応用した治療法(画像診断介在下治療Interventional radiology:IVR)が普及し、当院では様々な臓器・疾患に高度な治療が行われています。

検査目的

  • X線造影剤を使用して目的とする臓器や血管造影を行い、
    1. 血管の流れ
    2. 血管の形状(狭窄、動脈瘤、閉塞、出血)
    3. 目的臓器の血流動態(造影剤を取り込んでから排出までの動態変化)などの診断を行い、
    4. 血管の形状の改善
      • 狭窄部を広げたり、
      • 動脈瘤を塞栓したり、
      • 出血部分の止血、
      • 手術前の動脈,臓器の位置(マッピング)の確認、
    5. 腫瘍に対し
      • 特定した臓器の一部(腫瘍部分)に抗悪性腫瘍剤の投与、
      • 抗悪性腫瘍剤の投与のためにカテーテルの留置、などの治療を目的としています。

X線血管撮影装置

検査時間

  • 検査時間は、検査・治療部位によってまちまちです。(該当する検査の資料を参考にして下さい)
    目安として、検査が1時間前後、治療が2時間~3時間前後です。

検査方法

  • 検査方法は、検査部位によってまちまちです。(該当する検査の資料を参考にして下さい)
    *足(大腿動脈)から造影カテーテルを入れる場合
    1. 検査寝台に寝ていただきます。(通常仰向け)
    2. 足の付け根(大腿動脈)付近の消毒を行い、血管内にカテーテルを挿入します。
    3. 検査目的となる部位での撮影を行います。
      *撮影部位により息止めをお願いすることがあります。
    4. 検査終了後、カテーテルを抜き止血をします。

注意事項

  • 妊娠またはその可能性のある方はお申し出下さい。
  • X線を使用しますので被曝は避けられませんが、医療検査被曝は微量ですので心配いりません。
    また、当院では低線量被曝に心がけています。
  • 検査終了後、足の付け根を止血するために安静度が高くなります。

用語解説

Angio
Angiography)  血管造影撮影法
DA
(DigitalAngiography) デジタル処理で描出する撮影方法です。
DSA
(DiditalSubtractionAngiography) デジタル処理で血管のみを描出する撮影方法です。