メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

静脈性腎盂造影検査(IVP)

どんな検査?

造影剤1)(ヨード系)を上肢の静脈に注射して、経時的にX線撮影を行い、腎臓の機能や腎臓(腎盂)・尿管・膀胱の形を調べる検査です。

検査装置 何が分かるの?
  1. 尿路(尿の通る道)結石の有無
  2. 腎臓の機能(尿が正常に作られているか)
  3. 尿路の形態(狭窄・拡張・屈曲など)
  4. 尿動態(正常に流れているか)
検査の流れ

検査予約3時間前からの食事は控えてください。

単純撮影と造影撮影の合計5~7枚を撮影します。

  1. ① 注射前に腎臓・尿管・膀胱(KUB2))の単純撮影をします。
  2. ② 造影剤(ヨード系造影剤)を静脈(主に上肢静脈)に注射します。
  3. ③ 注射終了5分後に寝た状態で撮影をします。(腎臓・尿管・膀胱の形を時間を追って観察します)
  4. ④ 注射終了10分後に寝た状態で撮影をします。(腎臓・尿管・膀胱の形を時間を追って観察します)
  5. ⑤ 続いて、立った状態での腎臓・尿管・膀胱の形を撮影します。撮影後、トイレに行って尿を出していただきます。
  6. ⑥ 排尿後に寝た状態で撮影します。(腎臓・下部尿管・膀胱の形と尿の残り具合を観察します)
KUB

KUB

5分後

5分後

10分後

10分後

立位

立位

排尿後

排尿後

  • アレルギーをお持ちの方はお申し出ください。
  • 妊娠されている方、またはその可能性のある方はお申し出ください。
  • 検査予約3時間前からの食事は控えてください。
  • 造影剤による副作用4)がまれに発症します。(発疹・発赤・痒み・吐気・嘔吐など)
  • 造影剤は尿と一緒に出てますので、検査終了後は水分を充分に摂取してください。
IVP
IntravenousPyelography (静脈性腎盂造影)
1)造影剤
目的とする臓器や血管を画像で見やすくするための薬のことです。
2)バリウム
白い液体の造影剤で、便などと一緒に肛門より排泄されます。胃透視、注腸、小腸透視のような消化管造影検査に使用されます。
3)KUB
Kidney(腎臓)・Ureter(尿管)・Bladder(膀胱)の単純撮影のことです。
4)副作用
薬(造影剤を含む)を投与したことが原因で何らかの症状が発生することをいいます。