メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

尿検査

検査にかかる時間
5~30

尿コップ

どんな検査?

  • 尿カップに採取した尿に試験紙を反応させて試験紙の色の変化で判定します。尿の状態や中に含まれる成分の有無や量などを判定するためのものです。
  • 装置

    何がわかるの?

  • 尿は腎臓で作られ、1日あたり約1,000~1,500ml排泄されます(季節、体温、飲料水などによって400~3,000mlと変動します)。尿の成分は、身体に不必要な老廃物や多く取り過ぎた物質が含まれ、血液成分をある程度反映するため腎疾患だけでなく、肝臓や膀胱・尿管・尿道など他の疾患の診断にも役立ちます。
  • 検査の方法・流れ

  • 食事や飲み物などは自由にとってかまいませんが、尿の成分に影響が出て結果が判定しにくくなるため、ビタミン剤やビタミンCが入っている風邪薬、ドリンク剤などを飲まないようにしてください。
    1. トイレで、用意された専用の紙コップに中間尿1)をコップの1/4程度(50ml位)採っていただきます。

      • ~技師による検査~
    2. 技師が装置にかけ、下記を検査します。

    尿定性(所要時間:5~10分)

    色・混濁・PH・比重・蛋白・糖・ウロビリノーゲン・亜硝酸塩・白血球・ケトン体・潜血の項目を調べます。

    尿沈渣(所要時間:10~30分)

    赤血球・白血球・上皮細胞・円柱・細菌・が尿1μl中何個あるかを検査します。

    注意すること

    • 女性の場合、生理中は尿潜血(+)となるため、事前にお申し出ください。
    • 尿が採れない時や尿量が少ない際にはお声がけください。

    用語・略語解説

    1)中間尿
    出始めと終わりの尿は採らないで、中間部分だけを採った尿のこと。