メニュー

〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町1-8

TEL092-291-3434

FAX092-291-3424

null

検査紹介

Examination Info

尿素呼気試験

検査にかかる時間
25~30

尿素呼気試験

どんな検査?

  • 胃に病気がありそうな場合に行います。診断用の検査薬を服用し、服用前後のはき出した呼気から胃の中のピロリ菌1)の量を調べます。
    尿素呼気試験
  • 検査の方法・流れ

  • 検査は原則、空腹時で検査します。検査前までの8時間以上、食事をとらないでください。
    1. 普段通りの呼吸(深呼吸でない)をし、息を吸った状態で10秒間止めます。
    2. 専用パックに呼気を吹き込みます。
    3. 検査薬(ユービット錠100mg)を服用します。
      尿素呼気試験
  • ~検査薬服用後~
    1. 左側を下にして、5分間横になります。
    2. その後、15分間座って待ちます。
    3. もう一度、専用パックに呼気を吹き込みます。

  • ~技師による検査~
    1. 服薬前と後の呼気を専用機器で測定し判定します。

    注意すること

    • 原則的には、空腹時に検査します。最低8時間以上は空腹である事が必要です。
    • お水は、検査開始2~3時間前までは飲む事は可能です。
    • 喫煙は、検査開始30分~1時間前までであれば検査に影響がありません。

    用語・略語解説

    1)ピロリ菌
    人間の胃の中に住んでいる2~3×0.45μmほどの小さな細菌で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因とされています。数本のしっぽがありヘリコプターのように回転させて移動することから、ヘリコバクター・ピロリ菌と名付けられました。

    ピロリ菌

    2)潰瘍
    粘膜よりも深い部分にまで達する組織の欠損のことです。原因として粘膜の「防御」、胃液、アルコール、細菌による「攻撃」のバランスが崩れることが挙げられます。