医療法人 原三信病院
救急外来24時間受付
092-291-3434

臨床工学科について

業務内容

透析(血液浄化・維持透析)部門 【呉服町腎クリニック】

透析機器の操作および保守点検を基本とし、安全な透析医療の提供を目指しています。透析液製造責任を果たすべく水質管理に努めています。

主な業務内容

  • 生命維持管理装置(透析監視装置、透析液供給装置、水処理装置)の操作および保守点検業務(透析室のその他一部の機器の管理も行う)
  • 臨床業務として医師の指示のもと、穿刺、採血、バイタル測定、回路からの薬剤投与や治療準備から開始、返血など装置の設定、操作
  • 医師のもと、血液濾過器の選定(ダイアライザ、ヘモダイアフィルター)や血流量などの透析条件の評価

手術室

手術室の医療機器の操作および保守点検を行い、周術期管理チームの一員として円滑で安全な手術の遂行に寄与します。

主な業務内容

  • 手術室で使用される医療機器の配置、設定、接続、機器管理(機器管理は、医療機器の日常点検、定期点検の立ち会い、機器使用時の不具合対応など)
  • 泌尿器内視鏡手術および女性泌尿器科手術での臨床業務
  • 心臓・血管カテーテル検査・治療業務における電気的エネルギーの負荷をともなう業務、各種補助循環装置などの急変時対応、時間外の対応

医療機器(ME:Medical Engineer機器)・医療材料管理

中央管理方式による医療機器の操作・保守管理を行いチーム医療に貢献します。

主な業務内容

  • 手術室などの一部を除く、病棟で使用するME機器の管理、定期点検・不具合対応
  • 医材管理業務
    • 機器使用者へ操作マニュアル作成、定期的な教育や指導を行っています。
  • 特殊血液浄化・幹細胞採取・ラジオ波焼却療法などにおける医療機器の操作
  • ペースメーカー業務・呼吸器関連業務・ハイパーサーミア(温熱療法)における機器管理と医療機器の操作

当院臨床工学科の特色

当科では透析関連(呉服町腎クリニックでの勤務)、手術室関連、医療機器・医療材料関連の業務を担当しています。総合病院であるため、クリニックのように一つの専門分野に特化しているわけではありません。地域がん診療拠点病院であり、ハイパーサーミアなどがんに関する医療機器にも関わっていることも特徴の一つです。
また、2022年度からローテーション制度を導入しております。複数領域を担当できる臨床工学技士を増やすことで、必要な場所に必要な人員をすぐに配置し、当院の色々な状況や現場から求めれられていることに柔軟に対応できるチームを理想としています。

教育体制

状況に応じてどの領域を担当してもらうかを決定しますので、必ずしも本人が希望する領域の業務ができるとは限りません。また、ローテーション制度を導入していますが、それぞれの領域である程度の専門性が求められることや、領域によっては業務の習得に年単位の時間を要することもあることから、当科で担当している全ての領域・分野が短期間で経験・習得できるというわけではありません
ただ、特定の領域だけに特化した臨床工学技師になってもらうというよりは、一番専門としている領域に加えてもう1つほど担当できる領域を持てる教育体制を目指しています。

業務体制・スタッフ数

現在は13名の臨床工学技士が透析担当、手術室担当、医療機器・医療材料管理担当の領域にわかれて業務をしております。透析担当と医療機器・医療材料管理担当はローテーションで、それぞれの領域を日々行き来しています。夜間帯や土日祝日はオンコール体制を敷いています。特に手術室担当は残業が発生することもありますが、残業担当も日々ローテーションしています。

募集要項

採用エントリー

採用に関するお問い合わせは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。